2017年2月17日 (金)

下部内視鏡

先日、初めて検査を受けました。
我が家はがん家系ですし、また、以前、長距離を走った後で血便が出たことがありました。便の表面でなくしっくりと内部にまで血が粘液と共に混じていて、一瞬焦りました。
その時の僕の判断は、便が残ったまま長距離走ると便が直腸粘膜とこすれて出血することもありうる、というもので、多分正しいと思います。

ともあれ、下部内視鏡を受けました。某M教授に紹介していただいたのですが、素晴らしい腕で、あれよあれよという間に回盲部まで到達。
ほとんど何も苦しまず、そしてポリープなども一切見つからずに終了しました。

ということで、長距離のトレランのあとの血便は、僕の場合は問題なさそうです。
そして、健康管理はきちんとこれからも続けていきます。。。

東京へ

日本皮膚科学会の要件で東京出張です。
富士山を見るのを楽しみにしていますが、仕事に夢中になっていたら通り過ぎてしまってました。。。残念。

あと、府立医大がいろいろと大変なことになってしまっています。もちろん祇園での接待などの問題は論外ですが、そうでなく他人事ではない問題も含まれています。
病院にはその筋の人だって患者として当然来るわけです。そういう人達への対応も含めて、医療の行為において医者は守られていないということです。
障害者認定を含めて、医師の記載する診断書などが全ての責任を負うべき唯一の拠り所と見なされています。たとえば、医師の判断は、○○だけれども、司法は××と判断するので××とする、というようなシステムが存在してくれればええのですが。。。海外ってこういうケースはどうあつかってるんだろうか。。。

もっといろいろと書きたいことはあるのですが、この辺で止めておきます。
東京に着いちゃったし。

2017年2月16日 (木)

同僚との飲み会

Th_img_6090

うちの医局のスタッフで飲み会(新年会とも言えず、でも、江川君の帰国祝いとしても遅すぎ。。。)。
かなりうまい中華料理でした。
また行こうかと思います。

リーダーは前任者を否定せよ プロ経営者の仕事術 藤森義明

まずは、僕はM名誉教授を否定するために読んだわけではなく、最近の社長で興味がある人のひとりだったので読みました(Lixilの社長)。
内容そのものは、ジャックウェルチと一緒に働いていたときのことなど、彼の自伝のような感じで、経営者の心構えについて説かれています。
自分よりすぐれた優秀な人材を持て、というあたりは納得ですね。僕を越える人がどんどん内部にいて欲しいです。たとえば、うちでも病理や外科を担当している人材は僕をはるかに超えているわけで、そういう人がいてくれるおかげで組織は成長するし、また、僕も学ぶことがあります。また、僕からの素朴な疑問が彼らを成長させる事もあるかな、とも思っています。

2017年2月15日 (水)

Vol.031 目先の小ガネをケチって、公共財を売り渡す滅びの道 ~オプジーボの光と影(9)

医療に携わっているスタッフはこの記事に目を通しておくことをお勧めします。

http://medg.jp/mt/?p=7314

あと、ドラッグ・ラグのことをきちんと知りたい方は以下のリンクをどうぞ。
http://www.jpma.or.jp/medicine/med_qa/info_qa55/q39.html


僕にできることは、
「国際共同治験に積極的に関わること」
「薬のタネを産み育てること」
につきます。
臨床試験の推進する上で京大はしっかりした人材がいるのですが、臨床試験を行う際にMTAを結ぶのに京大は時間がかかりすぎる、とかで煙たがられることが多い気がします。
あと、知財がしっかりしてくれているのはいいのですが、なかなか落としどころがみつからなくて暗礁に乗り上げてしまうこともあった気がします。
こういったことを他人任せにしてきましたが、自身ももう少しきちんと理解しておかないとあかんなあ、と最近は思っています。

あと、phase Iから国際共同治験に参加することが重要と考えられているようですが、これを実現するためには、その領域で国際的に認められる人材にならないといけないです。そのためにはサイエンスのみならず臨床もできないといけないのは当然ですが、それ以外に、国内外の医師や製薬企業の人との人間関係の構築が極めて大切になります。日本人は引っ込み思案の人が多いですが、それではなんともならんです。世界で認められるopinion leaderになることは、とても難しいのが現実。僕の意見に同意してくれる人がいたら、一緒にこつこつ頑張って行きましょう。大変ですが。。。

「食べない」人々――グルメ時代に抵抗感?

http://news.yahoo.co.jp/feature/508

結論は、「1日3食きちんとバランスよく食べるのが基本」
って、あまりにつまらなさすぎました。

自分に合ったスタイルを確立することに尽きます。
僕は、自分が心地よく生きて行くために食事をしています。

普通は、朝はあまり食べない(>食べなくてもしっかり仕事ができるから)
お昼は基本的には少しお菓子やフルーツなどをつまむ程度(そうすれば仕事もきちんとはかどるし、まず第一にあまり眠たくならないです。ただ、割り切って食べた後に少し昼寝する、というのもありかも)。
夜は好きなものを好きなだけ食べて、そして眠くなって寝ます。
こういう食事の取り方を体に悪い、と指摘する人も多いですが、何が悪くて何がいいかなんて、なかなか正しい答えはないと思っています。
少なくとも、絶対自分の考えが間違っていた、と思わせるような高いevidenceを有するdataって見当たらないです。


2017年2月14日 (火)

Good by Singapore

午前は、Florent lab (Dr. Ginhoux)との合同lab meeting。午後は新たにうちのラボに加わるZacと一緒に食事して、それからコラボしているメンバーとdiscussion。
夕食はYan(Dr. Barrandon)と一緒に。

YanのボスはHoward Green先生。Elaine FuchsやFiona Wattらの著名人のボスでもあります。いかに素晴らしいメンターだったかを熱く語って頂きました。Yanは元皮膚科医ですが、いまは研究一本。あっぱれです。Yanもそうですが、素晴らしい研究者というのは、人生のどこかで素晴らしいメンターと出会っているものです。そういう意味で、うちらのラボのメンバーは世界に飛び出て本物と一度一緒に仕事して欲しい。

また、YanがCDBの西川伸一先生、府立の眼科の木下茂先生、愛媛の橋本公二先生と長い友人と聞いてびっくり。。。皆様僕に良くしてくださっている先生ばかり。

この世界はともかくいろいろなところで繋がりまくっています。。。

Th_img_6072

研究所の近くのホーカーズにて。めちゃうまかった。。。

Th_img_6084
産業医大からの長いつきあいの坂部君と、そのボスのYan。
ミシュランのstarレストランでごちそうになりました。。。

16754806_1136604843128440_445492836

坂部君でかい。。。。

そういえば、今日はバレンタインズデーでした。特に感想なし。

今日の深夜便で帰国します。

帰国後そのまま外来です。

2017年2月13日 (月)

シンガポール

シンガポールに来ています。
こっちのラボの進捗や共同研究の打ち合わせなど意外に1日があっという間に過ぎ去ります。
今回は4月からうちの研究室に加わる方とお昼をしたり(以下の写真)、Th_img_6023

インド料理です。

20170213_232840

シンガポール国立大学の伊藤嘉明先生とdiscussionしたりしてとても有意義でした。
伊藤先生は、僕が学生時分にウイルス研の淀井先生のところで研究をしていたときに、ウイルス研で教授をされていました。京大を退官されたあと、シンガポールで10年以上に亘り研究を続けられています。サイエンスの話をするときの目は鋭く、こういう世代が日本のサイエンスを支えてくれているわけで、一方、うちらの世代は少しのほほんとしています。
どういう時代が訪れるのか、不安と楽しみと両方といったところです。

Th_img_6048
後輩と、小汚いホーカーズへ。
シンガポールと言えば、僕はここ。

腹一杯食べて、腹一杯ビールを飲むのが流儀と心得ています。

もう二月も半ば

週末に気合いを入れて作業を進めたお陰で、仕事の借金がまずまず減って、ホッとしています。
が、どうせまたいろいろと仕事が平日は出てきます。

平日の仕事をこなしきれず、週末でなんとか帳尻を合わせる、というスタイルですが、大体週末も学会や海外出張などが入っていて、それで仕事が溜まっていく、と言うケースが多いです。
結局、僕の悪い点は、仕事を引き受けすぎることにあるわけで、その八方美人的な生き方をそもそも悔い改めないといけないです。
さらに、自分の趣味も貫き通しますので、余計にたちが悪い。

自分でわかっていてもなかなか自分を変えられないのが、人生の難しいところ。
今年はもう、ほとんどの週末が埋まってしまったので、来年はもう少しきちんとorganizeして自分のやるべきサイエンスに時間を確保するようにしたいと思います。

The Best Cities in the World by Conde Nast Traveler

Conde Nast Travelerという雑誌はアメリカにいるとときどき転がっていて、なかなかqualityが高い雑誌だなあ、と思っていました。
アメリカの富裕層向けの雑誌です。

The best cities in the worldを読者のアンケートによって選んでいますが、
トップ10の一位東京、二位京都。
http://www.cntraveler.com/galleries/2014-10-20/top-25-cities-in-the-world-readers-choice-awards-2014

たしかに東京は、a mix of contradictionsです。いま、アジアの国々が古き良きところをどんどん破壊して新しいビル群を建てまくってますが、あとで後悔するんじゃないかな。
香港なんかも九龍城があったころのほうが僕はずっと好きだった。

ベスト40が挙がってますが、30以上は行ってました。

日本皮膚科学会 東京支部総会

東京支部総会に参加してきました。

僕が座長を務めたセッションでは、40代前半を中心の比較的若手の演者に、自身の基礎研究によって解き明かされた臨床の病態などについて語ってもらいました。

横浜市大の山口先生、慶応の高橋先生、京大の大塚先生、熊大の神人先生、東大の浅野先生の5名です。
なかなか素晴らしいセッションで、将来の皮膚科もまずまず安泰やな、と感じ嬉しく感じました。

別の会議などもあって、しばし横浜での時間を過ごすことになりました。

2017年2月11日 (土)

AMEDの会議

AMEDの会議は、かなり気合のはいったもので、難治疾患克服事業とアレルギー関連の合同でしたが、錚々たるメンバーでした。知り合いばかりで、なんだかあいさつばかりしていたような。。。
AMEDが発足して2年以上が立ちましたが、出口志向という意味では大きな成果をあげつつあると感じました。
ただ、日本からすんごい基礎研究はあまり出てこないですね。これは別にAMEDが悪いというわけでは無いと思いますが。

正直、日本は伝統的に共同利用施設などのラボ同士の横の繋がりがうすく、各ラボで独立していい仕事を目指してきましたが、このやり方が限界に直面していて、それに対応できていないのだと思います。
オミクス、システムバイオロジー、single cell RNA seqとか、一つのラボでやることは無理です。
海外は僕が1993-4年という学生時代に留学した頃からそのあたりは本当に効率的にやってました。
20年は確実に遅れてますね。
理研などはかなりいい環境だと思いますが、大学は浦島太郎と言わざるを得ないです。

平尾誠二さん「感謝の集い」 山中さん弔辞全文 人を叱るときの4つの心得

https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201702/0009904992.shtml

人を叱るときの4つの心得

「プレーは叱っても人格は責めない」
「あとで必ずフォローする」
「他人と比較しない」
「長時間叱らない」

2017年2月10日 (金)

AMEDの会議

今日は、今年まで自身が大変お世話になったAMEDの報告会に参加するために、早朝ののぞみで東京へ。

昨日の会議でエネルギーを使い果たしてしまったのと、寝不足でぐったりしています。それにしてもいろいろな人に迷惑をかけてしまったなあ、と。

ここしばらくはこの会議の準備で仕事を溜めまくっていたので、こつこつ片付けていきます。

仲野徹先生のコラム

第19回 研究者のいごこち(教授の巻)

http://www.sumufumulab.jp/sumufumulab/column/writer/w/4

おもろかったです。

この半年間、某案件がずっと頭にあって、もやもやしていて、そしてこの一ヶ月ほどは時間を見つけては、その準備に取り組んできました。

その集大成が今日だったわけですが、あえなく撃沈。。。

読者には何のことだか訳がわからないと思いますが、どうしてもここに書けないこともあるわけでして、今日はそういう日でした。

最近、どうも運気の流れが悪いです。こういうときはどうすればいいのか、というと、できるだけ手を広げずにじっとする、ということです。

2017年2月 9日 (木)

一風堂のカップラーメン

今日は朝5時から早出して仕事を進めてます。
明日のプレゼンの準備が大変で他の仕事が滞ってしまってます。

なんとか目処が立ってきたので帰りますが、既に二時過ぎ。眠い。
しかも今日の晩ご飯はカップラーメン。

明日の夜も遅くなりそうで、何と過去の週を乗り切りたいです。

Th_img_5986

これ、結構うまいんだよね。。。

2017年2月 7日 (火)

成宮先生と早石先生

宮地名誉教授のfacebookで知りました。

僕が以前、2年ほど編集委員を務めていた紅萌の記事です。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/public/issue/kurenai

Th__20170207_74847
Th__20170207_74901
Th__20170207_74915

成宮先生による論文指導はdeath matchと呼ばれてました。
丸一週間ほど論文指導を受けることができたことが、今の自分自身の大きな糧になっています。

うちの教室の論文指導のシステムはかなりしっかりしているのですが、僕が受けた事と同じ事を学生さんにしてあげられていないのはあかんなあ、と思います。

別府大分マラソン

4年連続の参加になりました。

20170205_195949

結果は3年連続のサブスリーならず。
31秒の壁は大きかったです。あと数十メートル先を走ることができれば良かったのですが、だめでした。

風邪をひいていたり、マラソン用の練習不足だったりといろいろと言い訳はありますが、これは自身の心の弱さも反映しているなあ、と悔しいです。

来年はサブスリーに戻れるように、心と体の準備を整えておきます。

「この子は芸能界変える」 オスカーのスター発掘法 オスカープロモーション副社長 鈴木誠司氏

この記事、面白かったです。
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO12303850Q7A130C1000000?channel=DF180320167086&style=1&n_cid=DSTPCS020

「私は、野球もゴルフも芸能界も、ある程度のトップ人材を見て過ごしてきました。だから、けじめがつけられたのです。自分が納得できるところまでやってみてダメだとわかったから、育てる側に回ろうと素直に思えた。」

僕も同じような経験をしてきたと思います。
凄い人に出会えたことが、自分を成長させてくれたと同時に、自分の進むべき道を教えてくれました。大学院の時と留学時代に本物のサイエンスに出会えたことが特に大きかったと思います。

2017年2月 4日 (土)

Mira Rai 2017 Adventurer of the Year

トレランに興味がある人向けの記事です。
National Geographicの記事。この雑誌は長いこと取ってました。。。

Mira Rai once hauled rice sacks through the Himalaya. Now she wins international trail races and inspires young Nepali women. Meet your 2017 Adventurer of the Year.

20170204_144053

http://www.nationalgeographic.com/adventure/adventurers-of-the-year/2017/mira-rai-peoples-choice-adventurer-of-the-year/

2017年2月 3日 (金)

高橋健造先生の琉球大教授就任記念沖縄地方会 

先週末は、沖縄へ高橋先生のお祝いの地方会に馳せ参じました。

Th_img_5846
新潟出張の後、京大で一仕事してからの沖縄入りだったので、那覇に着いたのが夜10時過ぎでした。
二次会からの参加となりました。

Th_img_5859

三次会です。

Th_img_5861

4次会です。
そして4時頃でした。

次の日はさすがに二日酔いでした!

Th_img_5864

これがメインの仕事!

Th_img_5867

iPSの高橋政代、淳ご夫妻も。
高橋先生の同級生ということで、凄い学年です。


AMEDへ

昨日はAMEDでの会議に出席のために東京へ。
短い時間でしたがpresentationをしました。
このプロジェクトでは、大変興味深いテーマを進めていますので、5-10年後に何かいいシーズを産みだして自己免疫疾患のピカ新の治療法につながればと思っています。

2017年2月 2日 (木)

後輩の学位発表

村田君の学位発表が無事に終了しました。
Th_img_5884

質疑応答も、しっかりしていて、随分成長したなあ、ととても頼もしく思えました。

彼の素晴らしい点は、自分でquestionをしっかりもち、そしてそれを自身で考えて実験方法をたてて立証していくことができる点です。
サイエンティストとしての素質を十分に備えていると思うので、これから益々活躍して欲しいと願っています。

20170202_173618

2017年2月 1日 (水)

仕事消化できず。。。

皆様、メールの返信が遅れてしまって申し訳ないです。
自身の研究費の報告書、後輩の学位審査、論文のreviseやreview、などが重なってしまっています。
今週末には通常の状態に戻れると思います。
ブログの更新は週末にします。。。

2017年1月30日 (月)

ゴーンさんの考えるリーダーの条件

日経の記事からです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
では、私が考えるリーダーの条件とは何か。1つは、結果を出せる人だ。トップはどんなに厳しい状況でも常に結果を出さなくてはならない。また、経営、組織の問題点をはっきりさせ、時には周囲が「右」と思っているところを「左」と言う必要がある。

 日本人には簡単なことではないかもしれない。控えめなことを美徳と考える文化があるからだ。日産とルノーの「アライアンス・ボード・ミーティング」を初めて開いた時、会議でずっとしゃべっていたのはフランス人だった。日本人は静かに聞いていた。だから私はフランス人に「仲間の意見も聞こう」と言い、日本人には「もっと意見を言って」と促したものだった。意見を積極的に言い合うことは結果を出す上で重要だ。

 第2に、リーダーは人々とつながる能力を身につけないといけない。堅苦しい、冷たいなどの印象を持たれては話を聞いてもらえないし、部下たちの働く意欲も損なわれる。リーダーは「共感(empathy)」される能力を磨くべきだ。

 最後に、新しいことを常に学ぶ姿勢だ。ゼロエミッション(無公害)や自動運転、インターネットとつながる技術は進歩が著しい。自動車産業は今、転換期を迎えており、新しい技術や動きに精通し、行動していなければ、たとえどんなに結果を出すリーダーでも行き詰まる。

 生まれながらのリーダーなど存在しないと私は思う。リーダーは周囲からリーダーだと認識されないと、なれないものだ。私も1999年に日本に来た時は懐疑的に見られていた。信頼を得たのは、従業員との対話を欠かさず、ともに結果を出し、常に学び続けているからである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とてもありがたい助言と思います。この三つをきちんと達成できる人は決して多くは無いと思います。

僕自身も、徐々にリーダーとして行動しなければならない機会が増えてきています。今は全く納得のいく仕事ぶりではないですが、失敗から学ぶことは多くあります。

焦らずに、また、正直かつ誠実にメンバーと接していくようにしたいと思います。

2017年1月28日 (土)

沖縄へ

これまで語り尽くせないほどお世話になってきた同門の先輩、高橋健造先生、の琉球大皮膚科教授ご就任の会の参加に向けて沖縄に向かっています。
今朝は新潟から東京経由でJRで京都に戻り、大学でしばらく仕事をしてから、関連病院との連絡会に参加して、それから関空経由で那覇へ向かっています。
ちょっとばたばたしているようにみえますが、移動の間は仕事ができますし、実際に大学にいるときも基本的にはdesk workが中心なので、そんなに違和感ないです。
ただ、移動距離は結構多い一日です。

今関空ですが、那覇に到着したら、そのまま懇親会の二次会に合流します。最近は皮膚科の先生方との交流の機会が随分減っていましたので、みんなと会えるのが楽しみです。

厚労省 薬疹班会議@新潟

Th_img_5814

一本早い新幹線で向かい、会議の前に日本海を見に少しジョギングしました。
意外におだやか。そして雪もすくないしそれほど寒くもなく、拍子抜けしました。

Th_img_5817
せっかくなのでお昼は寿司を食べにいきました。

Th_img_5819

おそらく(記憶に自信がない)初めての新潟大への出張。
こうして写真をみると電線が鬱陶しいですね。

Th_img_5822

阿部先生が引っ張ってくれています。

Th_img_5824

立派な会議室でした。

そのあと、皮膚科の教室も見学させて頂きました。
若い先生達が、和気あいあいと仕事をしていました。

薬疹は、日本が研究の領域を世界で牽引してきました。
厚労省の研究費の元で10数年間にわたり薬疹の基礎研究が進められてきましたが、このサポートも今年度いっぱいで終わる可能性が高いです。
厚労省がサポートしてくれる研究は臨床の疫学調査が中心となり、これは非常に残念なことです。
難治疾患を克服するためには病態の解明を目指した研究が大切で、また、そのサポートは一つの研究室を対象にするのではなく、並列に幾つかの研究室を対象にして多様なアプローチで進めていくことが大切と思っています。

そういう意味では以前の厚労科研はとても意味がありました。出口志向の研究を応援することは素晴らしいこと思いますが、以前のような研究支援体制も何らかの形で継続してもらいたかったです(予算も限られているので難しいとは思いますが)。

2017年1月27日 (金)

Hybrid zoo: Introducing pig–human embryos and a rat–mouse

時代の流れは自分の想像するよりも速い。
僕が年を取ったと言うことでしょうか。

http://www.nature.com/news/hybrid-zoo-introducing-pig-human-embryos-and-a-rat-mouse-1.21378?WT.mc_id=FBK_NatureNews

ちょっと鳥肌がたちました。

臓器移植もこういう方向から進む可能性があります。

厚労省の薬疹班会議

昨日は、15時までみんなといろいろとdiscussionして、その後は教授会やその関連の行事で夜までかかり、そのあとも、なぜか眠気があまりこなかったので、結局12時くらいまで仕事をすることになりました。
30時間以上連続で仕事をすることになりましたが、海外出張の後は大体時差ボケがあったりしてこんな感じになってしまいます。
ただ、凄く効率良く仕事ができているかというと疑問なので、うまく休養の時間をとれるようにしないとだめですね。疲れていていい仕事はなかなかできるものではなく、そういうのって、年と共に良く感じます。

2時頃ねて、5時過ぎに起きて、今度は新潟へ厚労省の班会議です。新幹線はいい書斎ですので、仕事を進めています。

来週、別府大分マラソンがあって、その時は遊ぶことになるので、それまでにどうしても終わらせておかないといけない仕事が6つあります。。。。

2017年1月26日 (木)

帰京 体力の大切さ

フランクフルトからの機内では結局眠くなかったので、黙々と仕事をしていました。
スチュワーデスさんに褒めてもらえて疲れも吹っ飛びました。

大学での仕事が溜まっていますので、黙々とこなしていくことになります。
海外出張をうらやましがられることがありますが、是非同じ事をやってみてもらいたいです。。。結構大変ですから。

とまあ、これは冗談として、大学で働くということは、体力も要求されるなあ、と思います。村上春樹氏が、長い間いい小説を書くためには体力が重要、と以前どこかに書いていましたが、どの社会でも同じかな、と思います。
若いときに爆発的なエネルギーを発揮するのは誰でもできるかと思いますが、50,60になってもがんがん仕事をするには、相当の気力と体力が必要に思います。

別に、そのためにランニングをやっているわけではないですが。

2017年1月25日 (水)

ツールーズ

初めてのツールーズへの訪問ですが、ガロンヌ川がゆったりと存在していてフランスの町の落ち着きをさらに演出しています。
よくフランス人はあまり働かない、みたいなことが言われます。たしかに働く時間は短いですが、効率と結果への最短プロセスを重視してくれるので、仕事はかなり早く進みますし、宿題を残さずに、その場で結論までもっていってしまってくれるのですっきりします。

日本からは僕が参加し、あと、アメリカからはAmy Paller、ドイツからThomas Luger、アイルランドからMartin Steinhoff先生らが参加しました。
会議のスケジュールはびっしりだし、また、参加人数が少ないのでいろいろな意見を求められるし、また、こちらからも発信したので、充実感はありますが、疲れました。

アメリカ・ヨーロッパに比べて日本がいかに新薬の導入において後進国であるかを改めて実感すると共に、そのためのインフラ整備をどのようにすすめないといけないかについても考えさせられました。
基本的に、日本が欧米のようにやっていくのは極めて難しいです。
たとえば、case western大の皮膚科(Amyが主任教授)では、現在約60のclinical trialが進んでいるとのことです。京大皮膚科ではゼロが一つ少ないどころから、それ以下です。
海外は臨床試験を取り巻くスタッフの数と、実際彼らが準備してくれることの量が日本のそれを凌駕しているし、また、皮膚科医のスタッフの数も圧倒的に多いです(一方、アメリカの皮膚科医は基礎研究をやっていないとも思います)。
自分の教室を欧米のような臨床研究センターにしたいとは強く思いませんが、ただ、そういう仕事を日本のアカデミアもしっかり担っていかないと本当に浦島太郎になってしまい、患者が医学の発展の利益を享受できなくなってしまうのが残念です。

Th_img_5734

Th_img_5753

2017年1月24日 (火)

永尾さんのセミナー

報告が遅れてしまいましたが、1月19日にNIHでPIをしている永尾圭介先生が京大に来てくださりました。
セミナーだけでなく、大学院生とのdiscussionにもおつきあいくださり、研究室のメンバーは大いに刺激をうけました。

サイエンスは、自分の研究室に留まっていては成長は難しいです。そのため、今回の様に、皮膚免疫に造詣の深い先生と直にdiscussionできる機会というのは大変貴重になります。

二つ返事で引き受けてくれた永尾先生に心より感謝すると共に、この機会を生かしていい仕事へ発展させていくことが何よりの恩返しと思います。

日本のサイエンスは今後益々停滞していくことが懸念されますが、そんな中でも、まだまだpresenceを示し続けることができる様に悪あがきしたいと思います。

Th_img_5640

2017年1月22日 (日)

マラソンと研究の教育の共通点

日経の記事からです
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO11646400T10C17A1TZA000/

瀬古さんの意見、僕も正しいと思うし、科学にもたしかに当てはまると思います。
マラソンでは、有能な人に指導のeffortをどんどん注げばいいわけです。やはりメダルをとれる選手を育成することが一つの目標ですから。

現在うちのラボの指導は平たくエフォートを注ぎがちです。。。少々できが悪くても指導者が頑張って教えてなんとかしようとしています。一方、優秀な人はのびのびやらせても勝手に育つ、という感じで。
でもこれは本当は正しくないのだと言うことを改めて考えました。

以下、一部抜粋です。

 ――日本のマラソンは距離を踏むことで世界のトップクラスの力を維持していたのに、そんな練習は古いと言われるようになりました。

 「やりもしないで古いとか、間違っているとか言わないでほしい。そんな選手はいらない。私はやりたくない選手に無理にやれとは言わない。マラソン練習は強制的にやらされても続かない。やりたいという選手が出てくるのを待つ。高橋尚子さん(シドニー五輪金メダリスト)のように、小出義雄監督から『もうやめときなさい』と言われても隠れて走っているような選手に出てきてほしい。2020年の東京五輪に向けた強化合宿では超長距離走をこなす『瀬古メニュー』をやろうと思っている」

 ――瀬古さんのような勝負強さはやはり練習ではなくレースで養われるものですか。

 「私は高校時代にトラック競技で勝ち方を身につけた。マラソンでは35キロでライバルと並んだときに『絶対負けない』と思えるようでないといけない。並ぶと強い相手はオーラを発している。オーラが出るようにするには誰にも負けない練習をこなすしかない。私は生活面でも誰にも負けていないと思っていた」

 ――いまの指導体制に気になる点はありませんか。

 「高橋尚子さんや野口みずきさん(アテネ五輪金メダリスト)らの例から考えると、マラソンは信頼関係をもとにしたマンツーマンの手厚い指導がないと厳しいのかもしれない。駅伝の弊害があるとしたら、そこだと思う。駅伝はチームの総合力を上げないと勝てないので、指導に掛ける力が分散する」


UTMTの写真

先日の香港で参加した100mileの大会のOfficial siteから写真などを無料でいただけました。
心温まるサポートをずっと感じ続けた大会でした。

日本では最近「おもてなし」という言葉ばかりが先走っていて凄く違和感を感じます。
たしかにemotionalには日本はhospitalityのレベルが高いですが、technicalにはinternationalではないです。
こういうのって、serviceに関わる人、とくに海外の人を相手にやりたいのであれば世界にいって、いろいろなことを経験する必要があります。
シンガポールはアジアの中では非常にいいと思いますが、先日ドーハのビジネスクラスのラウンジに入ったら
http://www.qatarairways.com/jp/jp/lounges-al-mourjan.page
世界の多様な人種や民族に対応できるサービスを提供していて関心しました。
日本の関空のラウンジなんて、国際空港の中では世界でも最悪の一つと思います。

食事だって、ハラールとかきちんと準備してあげないと観光客を増やしても、本当のhospitalityは示せないですよね。。。

Th_utmt210617_certificate_u0267_ken

Dsc_2255l

ちょっと疲れた顔をしているかも。。。

武田科学振興財団 chronic inflammation

http://www.takeda-sci.com/

シンポジウムにお招きいただき、参加してきました。
ここしばらく参加した研究の中で、最も充実していました。

1.テーマが絞られていること
2.しかしながら、そのテーマに多角的にアプローチしていること(多臓器、免疫、非3免疫、代謝、線維化、自然、獲得免疫など)
3.一会場で進めること
4.休憩時間、すなわちdiscussionの時間がたくさんあること
5.夜の飲み会が充実していること

などがポイントかと思います。

来年は、ゲノム編集がテーマとのこと。来年はaudienceとして参加したいです。

あと、ポスター賞の選考委員も務めさせていただきました。
約100の演題から7つという激戦でした。選ぶのも大変でした。

Th_img_5658

オーガナイザーの宮坂先生、審良先生、松島先生、お疲れ様でした。

(写真ですが、運動靴って、ばれないですよね?)

フランス出張

某疾患の治療方針を検討するclosedの会議に出席するために、フランスへ。
こういうのは、断りたい気もするのですが、日本が無視されて世界が動いて行くことを看過できないので頑張って参加するようにしました。
しっかり戦ってきます。

人生というものは「ボランティア(奉仕)」なのだということがだんだんわかり、そしてそれを受け入れつつあります。

2017年1月20日 (金)

35歳の天才・唐鳳氏の素顔とは?

興味深い記事かと思います。
http://toyokeizai.net/articles/-/133963

日本の閣僚が他国と比べてどれだけ思い切った政策をできるのか、という意味に於いて、今の台湾に負けるなあ、、、と思わせる記事です。

こういうのは政治だけの話でなく、アカデミアの世界でも最近強く感じるところです。

2017年1月17日 (火)

ドーハにて 新聞からみる日本の鎖国性 遠藤周作の沈黙

タンザニアのモシ空港からザンジバル経由でドーハへ。
ここで3時間以上のwaiting中です。

出張中はその土地の新聞を読むのをモットーにしていますが、今回感心したのは、カタールの新聞である、GULF TIMES
http://www.gulf-times.com/

世界中のニュースがふんだんに盛り込まれています。
日本のことも、安倍首相がインドネシアの首相と会談したこととか、かなり詳細にいくつも記事が出ています。
どうしてカタールのような国の一新聞社が、dailyでこれだけの国際情勢をつかめるのか不思議です。どこかの海外の新聞記事を転載しているのかもしれませんが、そうであれ、結果として、国民にこれだけの情報が伝われば効果は大きいです。

日本の新聞って、国内のことばかりで、これはこれで大切なのはわかりますが、もっと視野の広い新聞社があってもいいような気がします。
japan timesとかがまだましですかね。。。

New York Timesは朝日新聞との提携で日曜版をしばらく頼んでましたが、自分が読みたいbook reviewなどの紙面がごっそり抜けた簡易版しか手に入らないのでやめました。こんな程度であれば、NYTのweb siteで十分と思います。

今回のILDSの理事会でも改めて感じましたが、日本人が海外で、同等の教養のレベルで話をするのはとても難しい。鎖国が残っているような気がします。

そんなことを思いながら、機内で遠藤周作の「沈黙」を読みました。途中から前に進むのがもったいないくらいの気分になり、じっくりじっくりかみしめて読みました。
キリスト教徒でない自分にとっても、信仰とは何なのかを深く考えさせてくれる名著です。中学の時に読みましたが、また違った栄養を与えてもらった気がします。

2017年1月15日 (日)

ILDSの理事会 Moshi タンザニア

なぜこんなところで理事会があるのかというと、ILDSがサポートしているアフリカの皮膚科医教育プログラムがタンザニアのMoshiにあるからです。キリマンジャロの麓にあり、海抜1000mのところにあるため比較的涼しく、過ごしやすいです。

Th_img_5165

ホテルは、広大な土地の中におしゃれなレストランなどあります。
アフリカの料理はおいしいとは言いにくいのですが、僕はそれでも好きです。生野菜などもしっかり食べてますが、僕はいまのところお腹を壊してません。他の理事の人はみんなちびって火が通ったものしか食べてませんが。。

Th_img_5183

キリマンジャロが見えます。
20170115_132049
これは学生の時に登ったときの写真です。
この頃と比べて雪や氷河がかなり減ってます。
今回は時間がないのでみるだけ。。。
富士山は見るのはいいけど、登るとちょっとつまらないですが、キリマンジャロは登っても最高。

Th_img_5200

朝から昼過ぎまでみっちり会議。
Th_img_5210

午後はこの教育施設と病院の皮膚科の見学。
Th_img_5213

続きは後ほど。

2017年1月14日 (土)

タンザニア モシに到着

合計31時間かかって会議場に到着。
ドーハで、ドバイから現地に向かうHassanと一緒になりました。
16105509_1316279271775635_858868200

20年ぶりのタンザニア。あまり変わってないです。
Th_img_5122

2017年1月12日 (木)

人間ドック

昨年から始めた年一回の人間ドック。
自家用車でも定期点検するし、それなりのお金も払う訳なので、自分の体もきちんと定期メンテナンスする方がいいと思っています。

前回とのちがいとしては、
1.胃カメラで前回は軽度びらん(生検はOK)があったものの、今回はなし
2.採血で幾つかの異常値あり(100マイルの後遺症?ASTやBilまで上がってました)
3.相変わらずの不整脈(これは一度専門の先生に見てもらおうと思います)
画像評価はしばらく結果待ち。

あと、下部消化管の内視鏡もどこかでやってもらいたいな、と思っています。

ということで、自分の現状をしっかり把握しておく必要はあります。

アルコールは少し減らし、寝不足などを減らして規則正しい生活が大切かと思っています。あと、100マイルレースなども楽しいけど、ほどほどにしないとあかんですね。脱水などにも気をつけないと。。。

規則正しい生活をしたいのだけど、海外出張が多いので、来年から減らしたいと切に願っています。
とかいいながら、今日もILDS(国際皮膚科連合)の会議などに参加のためにタンザニアへ。。。ビザも必要だったりで大変でした。
日本からの代表としてえらばれているので8年間頑張らないといけないのですが、正直しんどいです。でもがんばるしかないですね。


2017年1月11日 (水)

飲酒後にラーメン食べたくなる理由判明 英でマウス実験

http://www.asahi.com/articles/ASK174CM0K17ULBJ001.html

こういう研究いいですね。誰もが経験して何となく感じていることを、きちんと分子レベルで解明。。。。

昨日は、京産大の永田研の潮田さんと研究のdiscussionをしました。基礎の先生と一緒に仕事をするのがまたとても楽しい。

15723315_10154362817683925_78867447

山走りも楽しいし、臨床も楽しい。

いい一年にしたいです。

2017年1月10日 (火)

映画 MERU キネマ旬報

先日MERUを見に行ってきました。
何しろ、完全実写なので迫力が違います。こういう映画は劇場で見るに限りますね。
登山に興味がない人でもそれなりに楽しめると思います。

あと、キネマ旬報のベストテンがでてました。
http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/japan.aspx

邦画・洋画ともにほとんど見られてません。
というか、「シン・ゴジラ」と「怒り」だけですね。
永い言い訳は、原作だけ読みました。
この中では、「この世界の片隅に」は是非見に行きたいと思っています。
あと、

もみたいと思ってました。それ以外もおもしろそうです。機内でやってないかな。。。

「君の名は。」を入れてないところが、キネ旬らしくて好きです。

2017年1月 9日 (月)

勘とアイデアと知恵 【頂上対談】山中伸弥×羽生善治「AIは"勘"を再現できるか」

週刊現代もおもろいことをやりますね。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50589

以下の部分の、「「思い入れを捨てる」ことも大事」というところ、これが実は凄く難しいのだと思っています。
知恵がつけばつくほど、捨てることができなくなるのが人間の性(さが)であり老いなのかな、と。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山中 でもすごく感じるのは、20代、30代に比べると、ひらめきや創造性は確実に下がっているということです。昔だったらどんどんアイデアが出てきたのに、今は残念ながら昔ほどは出てこない。

ただ、ひらめきや創造性のカーブは下がっているけれども、経験を積んでいる分、知恵は付いてきています。差し引きどうなのか(笑)。

昔は研究アイデアを出すのも実験も自分がやっていました。今は役割交代と言うか、そういうことは若い人にどんどん任せて、僕はマネージメントや戦略を考えるほうに変わってきつつあるんです。

羽生さんは10代からずっとトップを走ってこられて、40、50になると戦い方も変わっていくものなんですか?

羽生 変わります。山中さんがおっしゃったことは将棋の世界もほとんど同じです。アイデアを最も出しているのは10代後半から20代前半。三段、四段くらいの人たちですね。10個のアイデアの中に1個すごく素晴らしいものがあって、それがブレイクスルーを生んで進んでいく。

どうしてそれができるのかを考えたことがあります。私は「いいとこ取り」できるからなんじゃないかなと思っているんです。持っている知識量は年長者のほうがあるけれど、若い人は使えない手をバッサリ切り捨てることができる。

そこから新しいアイデアを思いつけるのではないかな、と。その意味では「思い入れを捨てる」ことも大事なのかなと思います。

達人が選ぶ時間管理術 誰でもすぐ実践、10のワザ

日経プラスからです。
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO11378120W7A100C1W01001?channel=DF180320167086&style=1&n_cid=DSTPCS018

僕も概ね賛成です。実は、既に実践していること、あるいは既に検討したことしか載ってませんでしたが。。。

特に、

7位 メールを開く時間帯を決める
10位 苦手な家事は外部に

はかなり重要な事かと思います。


2017年1月 8日 (日)

海炭市叙景 佐藤泰志著

新潟大の阿部先生に以前佐藤泰志を勧められてから、「そこのみて光輝く」などの映画を見たりしていました。

佐藤泰志は残念なことに若くして自死してしまったので、この小説も未完に終わるわけですが、それでも十二分に読み応えがあります。特に前半の力強さには一気に引き込まれます。
この作家は人の弱さが痛いほどわかる人なのだと思います。こういう作品と出会えて良い新年を迎える事ができました。

2017年1月 7日 (土)

慈眼洞画文帳 その三

京大の耳鼻科の名誉教授の本庄巌先生に頂きました。
なかなか手に入らないと思われる著書ですので、ここで紹介するのはためらわれるのですが、教養の深さにただただ感嘆するばかり。
僕らの世代の医学部教授は、なんとか論文を書くのが精一杯で、陶芸・茶道・オペラ鑑賞・絵画などをたしなめる人はほぼ皆無です。
自分を含めて、つまらない人間がどんどん増えてきていて、あかんですね。。。

Th__20170107_193300
Th__20170107_193313


♪ 二階堂和美 ハミング・スイッチ

100マイルのトレランを終えて

約100km近く一緒に走ったStaffan(Swedish)からメールがレース後に来ました。
こういうのをopenにするべきではないと思うんだけど、ただ、以下の一節が僕はとても嬉しくおもったのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・
Im so greatfull for your support in Yesterdays race. Your mentality is unbelievable! Never heard you complained about anything!
・・・・・・・・・・・・・・・・

100マイルも走る場合、一番大切なのは、mentalityやと思っています。
これは研究や臨床でも一緒やないかな。。。



新年会とジョグ

新春恒例のジョグと新年会。
飲み過ぎて、次の日の外来で、看護婦さんに「先生むくんでるね。。海外のトレランの疲労が残ってるんじゃない?」といわれましたが、実は前日の飲み会のためでした。。。

Th_img_5056

飲み会の写真もupしようかと一瞬思ったのですが、止めることにしました。。。


私の履歴書 カルロスゴーン アイデンティティと多様性

今月からカルロスゴーンさんの私の履歴書が始まっています。
この人は、いろいろな革命を日本にもたらし、僕は概ね受け入れています。
一方、かなりお茶目な一面もあり、「サラリーマンNEO」というNHKの番組で「教えて、Mr.ゴーン」のコーナーの人生相談はかなりいけてました。

さて、元旦の初っぱなから、納得。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 よく「殺人的スケジュールですね」といわれる。確かに分刻みの予定は多い。東京を金曜夜に出て北京の自動車ショーに出席し、月曜早朝からパリで会議に臨む、というのも日常茶飯事だ。だが、こんなことはグローバル化の時代に多くの経営者に求められることだ。

 みなさんも地球が小さくなったことを実感しておられるだろう。インターネットの普及もあり、仕事も生活も自国だけではもう完結しない。では、グローバル化の時代に大切なこととは何か。私は迷わず「アイデンティティーを失わずに多様性を受け入れることだ」と答えるだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「アイデンティティーを失わずに多様性を受け入れることだ」

についてですが、僕はサイエンティストに求められていることも、全くその通りだと思っています。

学生さんに海外旅行を勧めるのも、また、うちの医局員に、研究や留学を推奨するのもそういうことです。できるだけ違う環境に身を放り込むことが重要です。

2017年1月 6日 (金)

「トンネル」 韓国映画

先日の香港旅行の際、Cathay airlineの中で、トンネルという韓国映画を見ました。
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2052493
には、「家に帰る途中、突然崩れたトンネルの中で孤立した1人の男と、彼の救助をめぐって変化していくトンネルの外の話を描いたリアルパニック映画」という風に説明されています。
しかしながら、僕には、パニック映画というのではなく、人間が究極の危機的な状況におかれたときにどういう風に状況を判断し行動するのか、という映画でした。
震災とも重なります。

話は少し変わりますが、いま、30年ぶりに遠藤周作の「沈黙」を読んでいます。先日出張の帰りに本屋で面白そうな本をぶらぶらと探したのですが、どれもハウツー本ばかりであまり読む気が起こらず、そういう中、映画化される「沈黙」の文庫本がならんでいたので、迷うことなく買うことにしました。

中学時代は北杜夫と遠藤周作の二人の対談などが面白くて夢中になって読んでいましたが、今こうして30年ぶりに沈黙を読むとこの本の重みを改めて感じています。

今週末には読み終わると思うので、感想は改めて。

よい映画と本に囲まれていると、それだけでかなり幸せ度が高いです。

2017年の抱負

今回の年末年始は、山走りでばたばたしてしまい、一年を総括することなく2017年を迎えてしまいました。
義父の他界のために年賀状も控えたために、その感覚はなお一層です。

2016年は僕に取って、いろいろなことに新たな挑戦をするというよりは、新しい環境への適応が中心となりました。新しい仕事が増えましたので、それを基本的にはすべて引き受けるようにしました。実際にやってみることによって、各仕事に対する自分の判断ができたことが大きな収穫です。
どんな仕事であれ、一度は経験してみないといけないです。

それらの経験を経て、2017年は、いろいろな仕事にもう少しうまく立ち回れるのではないかと思います。そして時間的にも余裕を生み出すようにしたいです。そうすることによって、新たなチャレンジができると思います。いま、特段何か大きな事に挑戦したいというわけではないのですが、来たるべき時に備えたいと思います。

一番嬉しく思っているのは、医局のメンバーが着実に成長していることです。うちの教室は、京大らしく、オリジナルな仕事をやることを目指しています。また、僕がとやかく言うのではなく、基本的に自由にさせて若者同士で切磋琢磨しあって欲しいと思っています。

医局員の全てとは言えませんが、そういう意識が育ちつつあって、伸び伸びといい仕事をしてくる人材が確実に増えてきていることをとても嬉しく思います。僕が特に何かを指導したというわけではなく、もしかすると、トップが頼りないために、後輩にきちんとした自覚が生まれてきているのではないかと感じます。

ということで、サイエンスの将来を憂いる声が大きいですが、京都は京都らしくやっていけばなんとかなる、という思いです。

2017年が皆様にとってよい一年となりますように。

2017年1月 3日 (火)

謹賀新年 UTMT

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、こちらは12月31日から1月1日にかけて山の中を走ってました。

Th_utmtver108011
UTMTという香港で開催されるレースです。
http://www.ultratrailmt.com/en/home

初めての100マイルレースで、ワクワク感と無事に完走できるかどうか少し不安を持っての参加でした。

走行距離は162kmで累積標高が9000mを越えます。これまでの自分が走った一番長いレースが信越五岳の110km、累積標高4500m位なので、しんどさなどを考えると二倍以上の負荷と覚悟はしていました。

序盤から暑くて汗をかきすぎてしまい、第一チェックポイントのあたりで足がつりはじめて嫌な予感がしていました。自分でも脱水による電解質バランスの異常とは気付いていたので、第二チェックポイントで塩をさがしたのですが、見当たらず、水とうすいスポーツドリンクしかなかったのが誤算でした(というか自分がそういう準備をしていなかったのが悪い)。

結局そのいやな不安は的中してしまい、わずか25km地点から両足のありとあらゆる筋肉が痙攣をはじめ、40kmあたりでは、足に少しでも力をかけると攣るというこれまで経験したことのない状態になってしまいました。
とりあえずリタイヤするにも前か次のチェックポイントまで行かないといけない状況です。
原因は脱水による電解質のバランス異常ということはわかってはいましたが、手持ちのマグネシウムの錠剤などを補給しても全く追いつきません。
山中で動けずに立ち止まっていたら、何人かの心優しい日本人の方が、電解質やコカコーラなどを分けてくださり、なんとか這うようにですが歩けるようになり、第4チェックポイントにたどり着きました。

まだ序盤ですし、関門制限にも時間的余裕はかなりあったので、そこからはできるだけ筋肉に負担がかからないようにして、何とか完走を目指す、という目標に変更しました。そういう冷静な判断ができることや周りにどんどん追い越されても気にしない図太さは年の功かもしれません。

その後も何度も足は痙攣して、序盤早々に、足の筋肉そのものは本当にぼろぼろになってしまいました。どんどん走りたいのだけど、走れない悔しさを押し殺してのトレランとなりました。

途中、ストックが折れたり(以前友人にストックを頂いたのですが、長すぎるので、新調したばかりなのに。。。。)、また、もう片方も故障したので、途中、一本のストックで行動しなければならない状況だったり、他にも持病の腰痛、足の裏はほぼ全面に亘り水ぶくれ、爪も一部はがれ、ぼろぼろになりながら、なんとか無事にゴールができました。

途中で何度か、「なんでこんなことをしているのだろう?」と思うことも正直ありましたが、走り終わった瞬間に、全力を出し切ることのすがすがしさを改めて感じ、トレラント出会えて本当に良かったと思えたのでした。

Th_img_4861
同じ教室の石田君と一緒に参加!スタート前です。
Th_img_4872
始まったばかりの頃。こういう階段がもの凄くおおかったです。
トレイルランニングでなく、stair runningではないか、と何度も思ってしまった。。。
こういう程度の斜度はあまあまで、滑落してもおかしくないような斜面を何度も延々と登り(らされ)ました。
Th_img_4877

このあたりも超前半。みんな元気です。

Th_img_4889

足がつって動けなくなって悶絶しているところを日本人女性に恵んでもらいました。

ゴールしたときにその方にまた会えて、女子で5位入賞だったそうです。凄い!!

Th_img_4904

右の大腿の外側が攣っているのがわかるでしょうか?
結局10時間くらいどこかが攣っていたような気がします。

Th_img_4913
今大会では、初日と2日目の両日共に、夜に突入してしまいました。
上位選手は、2日目の日暮れ前に戻って来るのですが。。

カップラーメンのスープで塩分などを補給することに成功して、徐々に回復してきました。
あと、走りながら自分の腕に溜まった塩分を舐め、電解質を補給することができました。
端から見たら変態ですが(100マイル走ると言うこと自体変態かも知れませんが)、やむを得ません。

Th_img_4916

50-60kmくらい走るとだんだん自分と同じペースで走る人達で友達になっていきます。
今回はStaffanというSwedishの方と60-160kmの地点くらいまでずっと一緒に走りました。第8チェックポイントくらいからは石田君とも一緒でした。
こういう友人と一緒にいられることで、トレランの楽しみもさらに増します。
Buddyに本当に感謝。

Th_img_4917

香港の夜間走行は、夜景も満喫できます。ただ、二回の夜を経るのでヘッドランプと体にもう一つのライト、さらには予備電池をもつので荷物が増えるのは腰痛もちの僕としては結構な負担でした。

Th_img_4919

ゴール直後。
家内がゴールのところに来てくれるはずだったのですが、数分僕の方が早くゴールしてしまい、ゴールの瞬間は見てもらえず。。でもビールを買ってきてくれてましたので、めちゃ嬉しかったです。
36時間25分33秒も走り続けました。

Th_img_4933

石田君もゴール。彼の脚力は半端ないです。

Th_img_49552

その後家内と中華へ。
でも最後は寝落ちしてしまいました。。。

ともあれ、大きなケガもなく、無事に完走できてよかった。

生きがいというものは、一つで有る必要は無く、僕は、仕事も趣味も家族も、とことん真剣に向き合いたいと思います。

昨年義理の父親が他界したので今年は年賀状を書いておりませんが、今年の目標は、
「何事であれ、やると自分で決めたことは、とことんやる」
ということかな、と思っています。

それでは皆様にとって2017年が良い一年になりますように。


2016年12月29日 (木)

仕事納め

今朝からいろいろと教室のメンバーとdiscussionしたりしてました。
今年の仕事は、僕は今日で終了。明日から香港で開催されるUTMT
http://www.ultratrailmt.com/en/home
にむけて出発します。
メールはもちろんチェックしますし、機内などでは仕事をしますが、走っている間は、無心になって自然に溶け込みたいと思います。
162kmで累積標高が9000m。
完走が目標ですが、おそらく37-8時間かかると思います。
一睡もせずに走るつもりなので、貴重な経験になりそう。

今年を振り返ってみて、とにかく色々な意味で(ほぼ)全速で走り抜けた感があります。
臨床業務、教授としての教室運営、学会関連や研究雑誌の編集委員としての仕事、後輩の研究や論文指導、国内外の出張と講演、その合間に趣味のランニング。。。。

自分の限界を設定せずに、できるだけ断らずにめいっぱいやってみました。時に限界を超えてしまって周囲の皆様に迷惑をかけてしまったこともあります。
そういう経験を経て、来年はもう少しメリハリのある一年を送りたいと思っています。

今年は、3人の学位論文がなんとか間に合いました。学位を取る事なんて、単なる通過点にすぎなくて、楽勝のことだと僕はずっと思ってきたのですが、最近は一つの論文を作成するために要求されるレベル(というか仕事量)が高くなってきていると思います。
そのため、一つの仕事を仕上げるのにどうしても時間がかかってしまいます。
大学院生には忍耐が求められて大変かと思うけど、それだけに、得られるものも大きくなるのではないかと思います。

後ふたり、学位論文が残っているので、そこが気がかりではありますが、結果は着実に出てきているのでだいじょうぶかな、と思っています。

ということで、皆様、よいお年をお迎えください。
僕は、香港の山の中で新年を迎えることになりそうです!


東京出張

先日、東京へ某審査で出張。
富士山がきれいに見えました。
外から見ると美しくても、登るのは大変そう。。。。Th__20161229_115518

2016年12月28日 (水)

夏への扉 ハインソン著

「君の名は。」をfacebookでお勧めしたら、西川研時代(僕が西川研にいたわけではないですが)からの知り合いの吉田尚弘先生にこの本の存在を教えてもらったので、早速読んでみました。
そんなに猫好きではないので最初しばらく読みづらかったですが、途中からは夢中に。
一昨日は一旦寝た後に、夜中に本の続きが読みたくなって起きてしまい、結局最後まで読んでしまい、凄い寝不足になりました。
時をかける少女に始まるのかも知れませんが、時間を行ったり来たりする話は凄く好きです。
モンティ・パイソンの12 monkeysとか、そういうSFが好きなのは、現実がつまらないと思っていることの裏返しなのかよくわからないけど。。。

2016年12月26日 (月)

全国高校生駅伝

京大病院の前を走るので少し観戦。
アフリカからの留学生が結構いました。
みんなほんまに速いです。
こういう人達はもううちらのようなおっちゃんになったらはしらへんのやろか。。。

Th_img_4807

さて、今日は朝早く目がさめたので5時から仕事しています。
随分と片付きました。
結局、溜まった仕事をなげくより、文句を言わずにこつこつ片付けていくしかないですね。。。

Ralf Paus先生のseminar

hairの伝道師、Ralf Paus先生がセミナーに来てくださりました。
Th_img_4702

この前に数時間にわたり大学院生とdiscussionにもおつきあい頂きました。
いつも通り、熱いlectureでした。
僕も久しぶりにhair immunologyの話をじっくり聞けて、随分頭が整理できました。

Th_img_4704

Th_img_4706

Ralfとは長い間おつきあいをさせて頂いています。
海外のこういう素晴らしい先生とおつきあいできる事はとても幸せですし、こういう関係を後世にも引き継いでもらえる様にしたいと思っています。

Breakthrough of the Year 2016

Watch: Breakthrough of the Year, 2016

http://www.sciencemag.org/video/watch-breakthrough-year-2016
動画で見られます。
斎藤さんのartificial eggsのお仕事が取り上げられていて、素晴らしい限り!
二度目ですから、凄い。。。

The top 10 science images of 2016

http://www.sciencemag.org/news/2016/12/top-10-science-images-2016

の方も見ていて楽しいです。

データで探る日本の「発明力」 世界で稼げるか 日経から

この記事は、示唆に富んでいると思います。
https://vdata.nikkei.com/econofocus/invention/

海外からの投資が少なく、また、医薬品関連での日本のシェアが低い、というのは実感するとおりです。

出口志向を求める安倍さんやAMEDへの批判はあるものの、こういう意識が欠けすぎている日本の研究者にも問題があります。

2016年12月24日 (土)

論文のreview

ちょっと最近他の仕事まで手が回らなかったので、サボっていたら、7つもpaperのreviewがたまっていました。
朝5時からこつこつ開始して5つ終了。
しかし、これってものすごいボランティアですよね。
世の中はクリスマスムードなのに、悲しい。。。。

2016年12月19日 (月)

中国という国のでかさを改めて感じる 「君の名は。」中国で日本映画の興行収入更新

読売新聞のニュースからですが、
わずか二週間ちょっとで90億の興行収入。
日本では4−500の映画館での上映くらいがほぼマックスですが、中国でこの映画は7000の映画館で上映中とのこと。

いつもゼロが一つ違うわけで、臨床研究でも同じ事を感じています。

特に臨床研究において、うちらのような小さな教室がどうすればええのかを最近特にしばしば考えさせられます。

2016年12月18日 (日)

長崎から博多へ お墓参り 甥っ子との再会

Th_img_4647

長崎には前日の羽田発の飛行機で向かい、夜ご飯は、栄寿司にて。ネットでじっくり検索して選んだわけですが、大正解。
Th_img_4648
すでに手をつけてしまった後の写真で失礼。。。
かつおなど、長崎で水揚げされた魚は新鮮で、とてもおいしく、そして、懐にもやさしかったです。

Th_img_4649

大将の笑顔が最高。
もう一度来ることになる気がします。

Th_img_4650

九州にくると、椛島(樺島)姓はかなりコモンです。

Th_img_4655

宇谷先生のルーペ。
皮疹をしっかり、じっくり、ねっとり見ておられていた姿を今でも思い出します。
宇谷先生のお母様との写真と思われますが、宇谷先生は長髪で、やんちゃぶりが窺えました。

Th_img_4658

父親の弟のおじさんの家(祖父母が住んでいたところ)は、長崎の日銀の隣。
この敷地でおじさんや父親とバドミントンしたりして遊んでいましたが、そういうのって、今やると怒られそうですね。。。

Th_img_4664

おじさんの家から二分で諏訪神社です。
この階段を上っている途中で、下を見た瞬間に高所恐怖症でしゃがみ込んでしまった記憶があります(おそらく小学生か幼稚園の頃)。高所恐怖症って、完全に克服するのは無理で、今でも登山ではちびりそうになること多々。

Th_img_4672

よくこの動物園に連れてきてもらってました。
Th_img_4677

おじさんの家に飾ってあった写真です。
左から、祖父、祖母、祖父の兄です。
祖父は徳之島出身。体重は100キロ越。
服装からも普通ではなくて、僕は、祖父の血をどこかで確実に継いでいると思います。

Th_img_4680

久しぶりにお墓参りしました。

自分が死んだらどこにいくのかな、と思ったりしました。
子供もいないですしね。。。

Th_img_4684

僕の隣から、
父の弟夫妻と、父のお兄さん。
特に弟の資次おじさんには、弟のようにかわいがってもらってました。

Th_img_4686

甥っ子は遠視なので、僕の近眼の眼鏡をかけたら何も見えないと言ってました。

Th_img_4693

帰りに博多によって、妹の家族と一緒に食事してきました。
とても幸せそう。

さあ、明日からまた平日が始まります。
一日一日を頑張ろう。


長崎

長崎大皮膚科・宇谷厚志教授のお別れの会がありました。
献花が部屋におさまりきらず、廊下を越えて階段にまでつながっていました。
弔事を聞いていて、いかにみんなに愛されていたか、そしてサイエンス(本質)にこだわった方だったかを改めて感じました。
59歳というのは若すぎます。

そして、僕にも遅かれ早かれかならずその日は来ます。自分のこれまでの人生を振り返って、死んでもおかしくなかったことって一度や二度ではなく、運良く生かしてもらっていると感じます。今自分が生きていることに感謝して、自分と関わる人に対して恩返ししながら生きて行きたいと思っています(ただ、そのきもちにもムラがあるので、人間として本当にまだまだです)。

2016年12月17日 (土)

40歳を過ぎたら、定時に帰りなさい  成毛 眞

彼らしい発想に基づく本でした。僕は個人的にこの人のことを知らないのですが、勝手に想像するに、かなりあまのじゃくで、逆説的なことが好きな人だと思っています。

この本を読むと、僕はむしろ、こんな人間になったらダメだというメッセージに受け止められてしまうくらい。それにしても、この人は軽いです。巻末に、自分のこれからやりたいことのリストが出ているのですが、どれもくだらないことばかりで、なんともがっかりするわけですが、それでもこの人の意見には時に凄く真理をついているところもあるわけで、だからHONZとか、一定の評価を受けているのだと思います。

JSTの会議

これまでお世話になったJSTの会議で出張です。
昨日は司会、今日プレゼンをしたあとは、長崎へ。
同門の先生のお別れの会です。
今年は本当に悲しいお別れが多かった。
長崎には祖父(椛島家)のお墓があるのでお参りしてきます。

2016年12月15日 (木)

かなえ財団の助成金

後輩には、民間の助成金の申請は積極的に行う様に進めています。
ことしは大塚君が採用されて、とても嬉しく思っています。
研究費のサポートのみならず、彼らの人生のキャリア形成にも繋がる大切なことなので、こういうのをサポートすることも教授の仕事の一つかな、と思います。

Th__20161215_173947

あと、後輩の学位の論文のアクセプトの通知ももらえたりして、いいことがたくさんあった一日でした。
反動がないことを願います。

三浦岳先生のセミナー

大学の同級生の三浦君に「数理モデル」に関するセミナーをしてもらいました。

今までのセミナーの中で一番難しかったけど、逆に、一番これからの可能性も感じる内容でした。
なんか新しい事を考えたり、取り組んだりする瞬間が一番楽しいですね。

Th_img_4611

ど素人の我々に親身に数理を教えてくれました。
でも,この話の理解無しには、こちらもやれることとやれないことの判別がつかないので、貴重な経験。
Th_img_4613

恒例の集合写真

全然話が変わるけど、カジノ法案でギャンブル依存の問題とか出てて、随分滑稽な気がします。日本にはもともとギャンブルがなくて、新たに持ち込まれているとでも言わんばかりの論調も目にしますが、ギャンブルなんて、パチンコ、競馬、麻雀など、日常にがっつり食い込んでいますから。。。

散髪は出張の合間に

髪がのびてここしばらくずっと鬱陶しかったのですが、ようやく床屋に行けました。
最近はfancyなところには全く興味がなく、地域の1000円のところに行くようにしています。

コツは、
1.Tシャツ一枚で切ってもらう(大抵雑なので、髪がカッターシャツなどにつくとちくちくする)
2.ぬれタオルを持参(ベストは新幹線のグリーン車でもらえるもの):これで散髪後に首などにくっついた髪を除く
だけです。

大体10分くらいで切ってくれるので時間の節約にもなります。
今回は、東京駅から歩いて数分のところに行きました。
そのあとは、AMEDで要件がありました。。。

Th_img_4610


50過ぎのおっちゃんが切ってくれました。
入ったときは一人も客がいなくて、待ち時間がなくてラッキーと思うと同時に、腕が悪すぎるんじゃないだろうか、と心配になりましたが、杞憂に終わりました。

手さばきは正直悪いのですが、きちんといい仕事をしてくれました。
僕の勝手な想像では、40過ぎてから脱サラか何かで、床屋の道に入ったのではないかと。。。

そこまで立ち入った話までできませんでしたが、今度また行く事になれば、そんな四方山話でもしようかと思っています。

2016年12月13日 (火)

トレラン

第一人者の鏑木さんのインタビュー記事。
http://www.houyhnhnm.jp/feature/28757/

研究と同じで、トレランもやってみないとその良さはわからないと思います。。。

その他の写真

Th_img_4606

順天堂大学での大学院講義のあと、横溝先生、小川先生(医科歯科>九大)と一緒にもつ鍋やさんへ。
博多繋がりです。

Th_img_3602

順天堂大の医学部学生への講義の一コマです。
少しは彼らの学生生活にプラスに働けばいいのですが、どうかなあ。。。今回はちょっと自信がない。
Th_img_4529

国際研究皮膚科学会の理事のメンバーを温泉旅館にご招待してきました。
みんな気さく!

Th_img_4544

みんなそしてエネルギッシュ。
温泉が初めての人も結構いたのですが、満喫されてました。
裸のつきあいですわ。。。

Th_img_4553

島田ご夫妻も。

Th_img_4843

以前京大にタイから留学にきていたDenさんが、表彰されました。
凄く頑張っていたので、成果がきちんと評価されて嬉しいです。

免疫学会の一コマ

竹田先生、長谷先生のご厚意のもと、某シンポジウムのあと、speakerの先生と一緒にお食事の機会を賜りました。
Th_img_4501

中島さんの留学先(NIH)のボスのYasmine Belkaid先生をはじめ、素晴らしいメンバーと一緒に時間を共有できたことは、貴重です。

研究の世界は、もちろんいい仕事をする事が大切なのは言わずもがなですが、そのsocietyに個人として受け入れてもらえるかどうかも重要なのです。

こういう人間関係は、一朝一夕に築けるものではないので、与えられた機会を一つ一つ大切にしていくしかないですね。。。
特に僕のような、免疫のビッグラボ出身の人間ではなく、また、臨床の人間ですから尚更です。

そして、こういう場に集まる人達って、みんなどこかに人間としての魅力もあることが多いです。

Alexander Enk先生のご講演

京大で、セミナーをしていただきました。
制御性T細胞の皮膚免疫における役割に関するお話でした。
Enk先生は接触皮膚炎のメカニズムの解明のpioneer的な仕事をたくさんされてきました。
Th_img_4509

順天堂にて 野口みずき

昨日のセミナーでは、若手からも質問があり、若手が質問をしないのは日本の文化というわけではないと改めて感じました。

さて、日経に、野口みずきさんの言葉が載ってましたが、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 苦労を知る野口は「(今の選手は)恵まれすぎている」と思い、昨今の日本の低迷に首をひねる。国際大会の目標に「入賞」を掲げる後輩たちに「競争の世界。1番でないとだめ」と言いたくなる。練習で設定ペースより速く走る同僚に不平を言う選手も多いといい、「何を目指しているんだろうと思う」。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうですよね。。
京セラの稲森会長は、自社の選手があるマラソン大会で「入賞を狙って走ってそれが実現して嬉しい」、みたいなことをスピーチしたときに、激怒したらしいです。

研究の世界では、そういう順位付けや基準がないので何とも言えないですね。
「きちんとした疑問や命題があり、それに対して正しい方法で解明する」ことで僕はいいのかな、と思います。

15421017_1190401247702492_896489131

横溝先生が写真を撮ってくださりました。

2016年12月12日 (月)

順天堂大学での講義

大学院と学生さんの講義を二回するために、東京へ向かっています。
行きの新幹線では、時間が結構ぎりぎりになってしまい、大学からかなり気合を入れて駅まで走らざるをえないことになりました。

冷汗をかきました(さらに走ったので、更なる汗)が、なんとか間に合いよかったです。それに、結果的に凄くいい運動になりました。

もう一人自分のクローンがいたら、出張が減らせられるのに。。。

♪蝶々結び Aimer

2016年12月11日 (日)

学会での質問 日本人の質問が少ないのは文化なのか?

今回、海外の製薬企業の人に、「質問が少ないのは、日本の文化なのか?」と聞かれました。
これはたしかに残念なことで、今回も、余りに質問が少ないので、自ら質問をすることにより、会場を盛り上げようと努めざるをえませんでした。

真剣に研究のことを考えていたら、必ず色々な疑問が湧いてくるはずです。そしてそれを知りたい、という前向きな気持ちが学会で質問をする、という形で表出するわけで、それはサイエンティストとして自然な姿です。
若い人達は、バカな質問をするのは恥ずかしい、等と思うかも知れませんが、誰もそんなことは思わないです。
どんどん質問したらいいと思います。

そういう意味では、中国の学会なんて、若者ががんがん質問しています。みんなにもっと、エネルギッシュになってほしいです。

これは学生の講義でも同じですね。
僕は例外なのかも知れないのですが、大学生の時は必ず一番前の席に座り、先生の講義の途中でも平気で遮って質問してました(ちょっと礼節に欠ける学生だったのかも知れません)。ただ、僕以外にもそういう学生が何人かいたので、そういうもんだと思ってました。

日本研究皮膚科学会 写真

Th_image001

僕がorganizeしたアトピー性皮膚炎のセッションの関係者の写真です。
Jean Francois Nicolas、Emma Guttaman、加藤則人先生に発表していただきました。
大盛況でした。立ち見になってました。
ただ、sponsored symposiumだったために、いろいろな臨床研究の成果を発表できず、その部分は不完全燃焼。

Th_img_4571

皮膚科の後輩とその他の友人と飲みへ。
留学していたDenさんもタイから参加!

Th_img_4594

研究皮膚科の世界の重鎮と一緒に食事へ。

Th_img_4581

松本さんをはじめ、うちの教室の子達は、みんないいtalkをしてました。
oral presentationの数は、京大が一番多かったようですが、まだまだ満足していません。もっと尻を叩きます。

Th_img_4598

産業医大時代からの教え子の澤田君がLeo Pharma賞でSilver prize。
うれしいです。

Th_img_4600

今年は東北大学の主幹でした。
相場会頭、お疲れ様でした。
そして、山崎先生をはじめとするスタッフのご尽力に心より感謝致します。
本当に素晴らしい会でした。

日本研究皮膚科学会 終了

今年のJSIDは大成功だったと思います。
プログラムの充実ぶりなど、これまでのJSIDの中で最も素晴らしい大会だったと思います。
まずはプログラムそのものを従来の2日間の開催から3日間に変更となりました。これにより特別講演をふんだんに盛り込むことができ、また、東北大の基礎の先生方を中心とする、普段なかなか聞けない話に多く触れる事ができました。
また、昨年に続き、アジア全体からの非常に多くの参加者がありました。
これは大変うれしいことで、日本がアジアをリードしている基盤が確実に形成されたと思います。
さらに、欧米からの参加が今後益々増えることが期待されました。
そして、一番嬉しく思ったのが、日本の若手の英語での発表レベルが飛躍的に向上していることです。本学会を英語化して数年経ちます。最初は英語の発表すらたどたどしかったのが、今や発表のみならず質疑応答もしっかりできる人材が増えました。
これは、免疫学会のレベルを遥かに凌いでいます。
日本の皮膚研究におけるレベルが世界トップレベルであることは間違い無く、そして、これからも若手が引き継いでくれることと思います。

僕も他科の学会に呼ばれることは多いので、大体はわかっていますが、皮膚科のように世界で戦えている臨床科は、他にほとんどないです。

2016年12月 9日 (金)

日本研究皮膚科学会 JSID @仙台

今日からプログラムが始まりました。
JSIDは僕が最も深く関与している学会で、この学会と共に自分が成長してきたと感じていますので、愛着も深いです。

今年の学会は、いまのところ若手からの質問が凄く少なく、discussionの盛り上がりに欠けています。
これはとても残念。

僕は、大学院生のときからずっと、参加した学会では必ず一つは質問をすること、そして何か演題を出すことをずっと課してきました。

ということで、JSIDはまだ2日半続きますので、このブログを目にした若手は是非頑張って質問して欲しいです。

2016年12月 6日 (火)

International Immunology

2017年から日本免疫学会のofficial journalであるInternational Immunologyのassociate editorになることになりました。
審良静男先生がChief Editorで、これまで多田富雄先生、岸本忠三先生を経ています。
今回初めての編集委員会がありましたが、これまでのAssociate Editorから随分若返りました。

免疫の雑誌って、impact factorがそれほど高くないのに、reviewerからのコメントが辛辣だったりするのであまり投稿したい気分にならないですよね。

そういう点では、今回生まれ変わったInternational Immunologyのassociate editorは、良識ある(?)メンバーが人選されていますので、そういう取っつきにくさは随分払拭されると思います。

投稿数が凄く減っていて、日本免疫学会のoffficial journalとして、かなり寂しいものを感じますので、生まれ変わったこのjournalへの投稿を考慮して欲しいと思います。

これまではPLoS OneやScientific Reportsへ投稿していたpaperなどは、International Immunologyにしようかな、と思っています。

免疫学会

那覇での開催です。
沖縄好きの僕としては、大変ありがたいです。

そして、毎回参加して思うのは、免疫は、皮膚科をやっていく上で非常に近しい基礎医学領域であり、切っても切り離せない、ということです。

今回も全てのポスターに目を通していますが、どの発表も、自身の臨床の経験と関連性を感じます。そこからアイデアが生まれたりすることもありますし、ポスターをぶらぶらと眺める時間はとても大切です。

あとは、もっと大学院生の仕事の進捗に深く関わる時間を設けたいのですが、そこは大きな課題になっています。





医者とはどういう職業か 里見清一

医者というものを、さまざまな観点から捉えた本です。僕らの日常感じていることにかなり近く、これほど的確に医者という職業の現実を暴露したものはこれまで無かったと思います。

医者を目指す人や医者に興味がある人だけでなく、一般の人に読んでもらい、医者をとりまく医療の現状を知ってもらうのに最適な本です。

2-3時間もあれば十分読めると思いますので、是非是非手にとって欲しいと思います。

今回はKindle本で購入してしまいましたが、新書で買えばよかったと後悔しています。こういういい本は、手元に置いておきたいので。

2016年12月 2日 (金)

研究留学のすゝめ!  羊土社

研究留学について、門川先生の研究留学術が非常に良くできているので、それ以上の本はなかなか出ないと思っていました。
そんな中、羊土社から有益な本がでました。
若い人の中は、漠然と研究留学に不安を持っていて、それ故に踏み切れない、と言う人が多いようです。
この本には、多数の留学者の経験に基づいた主観的な情報と客観的な情報がいい感じで組み込まれています。
助成金などの情報もしっかりしているので、少しでも留学に興味がある方は、手に取るといいと思います。

実験医学のバックアップも心強いですね。

分生

分子生物学会(分生)にて、今朝は、caveolaeの話を聞きました。
大学院生の仕事と直接関わっているので、かなり真剣に個別にもdiscussionしました。
午後は、AIの話。こういうことを医者も真面目に考えないといけないです。
医者の仕事のかなりが30年後にはAIがとってかわるのは必然でしょうから、そう言う事も考えて、医者という職業を考えておくべきです。

Th_img_4421

Th_img_4418

1970年生まれのメンバーと犬会。
昭和の香りを引きずりつつ、平成にも完全に溶け込めない世代です。
うちらにはうちらなりの悩みがあり、それを共有できるのは同世代故。

ポスター会場などでは、一條先生、夏目先生、新井先生、など、分生でしか会えない先生と再会できてうれしい。

また、名前はずっと前からしっていたけど、今回初めてお会いできた素晴らしい研究者ともお話できて、それも凄くよかったです。

毎年1日でもいいので参加しなければと改めて思いました。

telephone conf

日本はマイノリティ扱いですから、これから(午前1時)から海外と電話会議です。
正直かなりしんどい。。。

2016年12月 1日 (木)

分子生物学会

国内の学会では、分子生物学会が僕にとっていま一番勉強になります。
ということで、かなり無理を押して一日ちょっと参加しています。
皮膚科は僕くらいしかいないかと思っていましたが、熊大の神人先生のポスターを見かけました。うれしいですね。皮膚科医にかぎらず臨床医でいい仕事をしようと思ったら、こういうホンチャンの学会に参加するべきです。
週明けは免疫学会なので、ここでどれだけアイデアが浮かぶかどうかが、これからの一年の支えになります。
アイデアが浮かばなくなったら、研究の第一線から退く時と思っています。

JACIのeditor

JACIの論文を、今年は150以上もhandling、あるいはreviewしました。
ほとんど全ての皮膚科の論文が担当だったのですが、10名くらいのeditorの中で一番多かったらしく、Chief editorが来年からもう一人皮膚担当のeditorを探してくれることになりそうです。
毎日1時間近く時間をとられていたので、少しは来年から楽になれそうで、本当にうれしい。
今朝も2本論文のreviewをしたところです。

2016年11月29日 (火)

シンガポールより帰国

先ほど関空に到着。
一番困るのは、京都にむかう特急「はるか」の本数が少ないこと。
約1時間も、関空に足止めです。

明日は朝から外来なので、今日は早く帰ってゆっくり眠りたかったのですが。。。

シンガポールではいろいろなdiscussionができて本当に良かったです。
iPSの山中先生を持ち出すのは大変おこがましいですが、あるテレビ番組で、山中先生も毎月サンフランシスコへ出張されているそうですが、その時間はサイエンスに没頭できるとても貴重な時間だ、とのことでした。
僕もその感覚はわかります。日本の大学教授は、いろいろなadministrationが多すぎると思います。
このあたりはまたいつか触れます。

2016年11月24日 (木)

シンプルライフ

先日僕のお気に入りだったスーパーカブを盗まれました。
大学内での出来事ですが、誰がとっていったのやら。。。。
悲しいです。

それとは別件で、そろそろ自家用車を手放そうと思っていました。
ちょうど車検だったので、これを機に、11年お世話になったプリウスとお別れすることになりました。

でもこれで、
車検、重量税、保険、駐車場代、JAFの会員など、いろいろなことから解放されて随分すっきりしました。
同時に、Timesのcarshareの会員になりました。これで十分です。

ただ、バイクと車がなくなり、機動力が随分落ちてしまいました。。。
これまで乗っていたチャリも、タイヤとブレーキパッドが磨り減り、ハンドルのグリップが腐蝕してぼろぼろになり、、、と問題だらけで修理に出したら随分お金がかかることが判明しました。

結局、新しいチャリを買いました。
これです。
かなり速いです。

20161124_204519

大型バイクを買おうかと思ったのですが、事故ると大変だし、止めました(今のところ)。

ただ、チャリも結構危ないので、気をつけないといけないです。

君の名は。 再考

例の映画ですが、先日飛行機の中でみましたが、きちんとみたいと思ったので、映画館に行って来ました。

いろいろと芸がこまかく、伏線もかなり張り巡らされているので、単なる高校生のラブストーリーなどと侮るなかれ、という感じです。

二度みたことになりますが、十分楽しめました。

無理矢理家内を連れて行きましたが、ビールやワインをしこたま飲み続け、トイレに行ったり、むしゃむしゃといろいろなものを食べ続けていて、全く真面目に見てませんでした。

感想は、人それぞれなのでしょう。

2016年11月23日 (水)

米国研究皮膚科学会のabstract submissionがopen

締め切りは1月5日と聞いています。
http://www.sidnet.org/page/2017annualmeeting

5年に一回開催されるISID(international societies for investigative dermatology)meetingは2023年にアジアでの開催は決まっていますが、韓国になるか、日本になるかで来年投票が行われます。
米国研究皮膚科学会(SID)で質と量共に存在感を示すことがとても大切と考えております。
これは日本研究皮膚科学会の理事の間でも共通認識でして、今度のSIDには日本からの多数の演題を強く希望しています。
ポートランドもなかなかいいところですよ。

2017_portland_email_banner
皆様のご参加を心より願っています。

休日の京都

勤労感謝の日です。
同門のゴルフの会に出席したかったのですが、仕事が入ってしまい、断念。
代わりに朝少し時間が空いたので、南禅寺経由で大文字山を走ってきました。
途中、知り合いに二人会いました。

Th_img_4171

南禅寺です。
人で一杯でしたので、すぐにそそくさと逃げ帰りました。

Th_img_4174

ここは、すごく好きな場所。

Th_img_4179

トレラン用のポールをつかってみました。
随分楽になりますね。

Th_img_4181

秋も終わりです。

西川ご夫妻と食事

先日、西川伸一ご夫妻とお食事しました。
随分久しぶりです。
相変わらずというか、ますますお元気そうで、この世代のエネルギーは枯渇することはなさそうです。
幅広いサイエンスの知識と先見の明に圧倒されました。。。
Th_img_4006

2016年11月21日 (月)

京都のいい時期

なんだか少し温かく、京都はとても過ごしやすいです。
紅葉を見たかったのですが、朝5時頃から大学にきてしまったので、拝めませんでした。
依頼原稿をすませたり、論文のreviewをしたり、溜まったその他の仕事をしたり、後輩とdiscussionしたり、とそんなことをやっているとあっという間に一日が過ぎてしまいます。

その他にも、いろいろと問題は山積みで、一難去ってまた一難。。。
走り続けることが当たり前の人生を送ってきましたが、今のところまだ何とか持ちこたえつつも、でもやっぱ、なかなかしんどいです。

さて、もう一仕事することにします。

僕のおじさん 椛島資次 二科賞

父親の弟のおじさんは、リタイヤしたあとで、いろいろなところを回って写真を撮るのを趣味にしています。今、長崎に住んでます。

椛島家はもともと奄美の徳之島出身ですが、祖父母は長崎に住んでいて、子供の頃よく長崎に行ってました。父親は男4人兄弟の三男で、資次おじさんは4男。

僕が父親兄弟のなかで最初の子供だったので、資次おじさんは僕を弟のようにかわいがってくれました。

資次おじさんの写真が展覧会で「仁科賞」を受賞したと昨日聞いて、その写真を見てみましたが、本当にいいなあ、と思いました。僕は、自然をうつした写真も好きですが、それ以上に、人間の営みがみえる写真の方がもっと好きです。

Th__20161121_84011

http://www.nika-shashin.or.jp/winning_list/No_64.html

昭和の世界にタイムスリップしたような、そんな世界が写されています。。。
来月長崎に向かいます。先輩のお別れの会です。

http://www.nika-shashin.or.jp/winning_list/No_64.html
来月、京都市立美術館に巡回展でくるようなので、実物を見に行こうと思います。

http://www.nika.or.jp/top/junkai.html

先日、インドでとった、これは僕の写真です。

Th_img_3531

一緒に並べると、恥ずかしいです。ただ、先日インドに行って、この井戸水のそばで洗濯やご飯をたくお水をくみにきている人々をみたとき、こうしてまたはるばるインドにきてよかったなあ、と思いました。

日本皮膚科学会 西部支部総会 米子

鳥取大皮膚科の山元修教授が大会長でした。
山元先生らしい「形にこだわる」というテーマのプログラムは、非常に充実したものでした。
山元先生は、産業医大における僕の前々任の助教授だったと思います。
皮膚病理においては独自の世界をもたれていて、シンポジウムで講演させて頂いたら、教科書までプレゼントしていただきました。

Th_img_4149

この本、実は僕もう一冊持っているので、カンファルームに寄贈することに。

Th_img_4134

朝、少しジョギングしました。

15134711_1109012032553363_122577847

オートファジーの吉森先生(別名アヒル/A-Hill先生)と。
Th_img_4130

凄くのどか。でも日本海の海の色は、Th_img_4136 人を寄せ付けない何かを感じる。

米子の町は、予想以上に静かでした。
医学部を卒業した後で、地元に残りたいと思うためには、医学教育とかだけの問題だけでなく、町の活性化がないと、難しいんじゃないかな、と思ってしまいました。

僕らのような年になってくると地方の良さもわかってくるけど、今の若者には町の魅力って大切だと思います。これって僕らにはどうにもできないことですが。



2016年11月20日 (日)

もうちよっと研究者の皆様へ

河野太郎さん、いろいろと真剣に考えてくださっているようで、嬉しく思っています。

http://www.taro.org/2016/11/%e3%82%82%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%88%e3%81%a3%e3%81%a8%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%81%b8.php

以下とのことです。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
英語の領収書が使えない。 ローカルルールです。
外国で使うPCを買うことができない。 ローカルルールです。
研究相手に持っていく手土産を買えない。 買えません。自腹です。
インタビューや実験参加の謝礼を支払えない。 ローカルルールです。
海外から招へいした研究者との食事代を支払えない。 ローカルルールです。打ち合わせならできます。
PCが壊れたら、相見積をとらねばならず、即日買うことができない。 ローカルルールです。

しかし、こうしたローカルルールをいかにやめさせるか、真剣に検討しなければならないようです。文科省は何となく他人事のようですが、そもそも事務方の人事はいまだに文科省が関与していますので、他人事で済む話ではありません。

2016年11月19日 (土)

good bye NY

昨日の発表は、自身のコンピューターを使うことをどうしても事務局が許してくれなかったので、学会側のコンピューターにインストールして行いました。
そしたら嫌な予感が的中。
動画が動かないだけでなく、powerpointが何度もフリーズして、今まで経験したことのない最悪のpresentationとなりました。
3日分くらい疲れました。

夜はラボのメンバー、UCSDのGallo先生らと一緒に食事して、次の日は気合いを入れて5時おき。仕事を少ししてから何とか1時間ジョギングしました。

すっきりしました。

今NYの空港のラウンジですが、安倍首相のトランプ訪問の影響で、政治家だらけ。気持ち悪いです。。。

みんな目がぎらぎらしている。

Th_img_4094

セントラルパーク最高!
NYに一ヶ月でもいいので住んでみたいです。
Th_img_4101

そういえば、今回、韓国の皮膚科の皮膚科のKim教授にお会いしたのですが、2ヶ月サバティカルでヨーロッパとアメリカをぶらぶらしてるんだって。。。
ええなあ、
10年に一回6ヶ月までサバティカルがとれて、ほとんどの教授がそれを利用してゆっくり英気を養うんだって。

僕もいつか絶対取ってやろうと思います。

2016年11月18日 (金)

トランプタワー

安倍首相もきていることだし、是非トランプタワーに行こうかと思っていたのだけど、時間がとれず。
トランプタワーって、恐らくいま世界で最も危険な場所とも言えますね。
そういうところには行かずにすまない気質だけど、今回は本当に時間が無くて無理でした。

«NY

アマゾン

かばの本棚

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28