2018年7月19日 (木)

日本発新薬

日本の製薬会社からいい新薬が開発されるのはうれしいことです。
M&Aばかりで成長をはかるのは僕はあまりすきではないです。企業としては仕方の無いところもあるのでしょうが。
新薬開発はがんや難治性稀少疾患、あるいは痴呆などの中枢系に対する分子標的薬が中心になってきている印象です。
そのため、薬剤は高い。一方、小分子化合物だとかなり安価になるので、僕はそちらの開発も続けて欲しいと切に願います。
皮膚科領域だとどうでしょうか。アトピー性皮膚炎などの患者数が多い疾患は、まずは安価な薬剤でコントロールをはかり、それでもうまく治療できない重症の患者には、生物学的製剤の導入、という流れにならないと医療経済もなりたちません。IL-4受容体の中和抗体もその方向性で進んでいます。
これからも続々と開発されているアトピー性皮膚炎の治療薬は、その多くが高額医療になること必至のため、その恩恵にあずかれない患者が多数います。
低分子化合物の開発は、これからむしろアカデミアの出番が来るのではないかと考えます。まだ僕も定年までしばらくあるので、ユニークなターゲットを見つけて、安価な薬剤開発に繋げることが一つの夢です。

2018年7月18日 (水)

海外からの移住者(6ヶ月以上滞在だったか?)

先日新聞で、20代の約5%、東京に至っては約10%が日本国籍を持たないとのこと。
思っていたよりもはるかに高い数字でした。
ちょっと調べて見ると興味深い報告書がありました。かなり踏み込んだ内容になっています。
主に新宿区に中国・韓国籍の方がたくさん居住していることがわかりますし、また、この件に関して、すでにいろいろな議論がなされていることがわかります。
たとえば以下の内容は賛同します(細かい文言で気に入らないところはありますが)。
京都のホテルの宿泊者も半数以上が外国人です。鎖国でなく、どうやってグローバルな共存をはかるかを建設的に考えて行くしかないと僕は思っています。
我々の研究室も徐々にインターナショナルな方に向かっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※多文化共生推進検討
委員会での主な意見
・東京に定住する外国人の子供は、日本語支援や教育を適切に受けることにより、グローバル人材となり、東京の発展を支える存在になる。
日本語が話せない子供たちを、そのまま放置すると、学校に行けない、就職できないということにつながる。
・今後、外国人支援だけでなく、まちづくりへの積極的なかかわりについても考えないと、多文化共生というのは進まない。
・海外からの赴任や長期勤務で来日する外国人は東京の経済のために貢献してくれている。シンガポールや香港などアジアの他の地域では、外国人の力を活かし、経済活動を盛り上げているところがある。東京都でも外国から優秀な人材を受け入れられる体制づくりが必要である。

グローバル人材の育成について
〇東京の発展のためには、日本人もグローバル化する必要がある。
経済活動の面で日本人と外国人を別々に考えるのではなく、共に支え合って共に活躍していく意識が不可欠である。
東京のグローバル企業においては、外国人だけでビジネスができるものではなく、外国人と日本人がビジネスパートナーとして働くことで、大きな成果を挙げることができる。
東京を支えるグローバル人材の育成東京において、日本人と外国人
の相互理解の上で協力し活躍していくためには、その中核となる
世界で通用するグローバル人材を育成することが必要である。そのためには、学校教育段階から、英語力向上のための学習、海外生活や異文化交流体験、日本の歴史・伝統・文化の理解などを通じ、国際感覚豊かな若者を育成する必要がある

2018年7月16日 (月)

愛媛大学 学生講義

年に一度の医学部学生講義でした。前の方に座っている人は真面目に聞いている人が多いように感じます。
出席している学生さんの多くとはもう二度と会うこともない訳なので、皮膚という臓器の魅力と、学生時代の自由な時間の大切さをお伝えすることを目指しています。
ただ、なかなかそれは難しい。ちょうど昨日、町田康が「会話の骨法」という記事を出してましたが、講義も同じようなものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 これはあくまでも推測だが、年をとったからといって自然に話がうまくなるということはないかららしい。どういうことかというと、常にちょっと無理目、高めの課題を自らに課し、それに向かって努力精進を重ねてきた人間と、頭脳や身体が疲弊するのを避けて常に低めの目標を設定し、ゆとり教育ならぬ、ゆとり人生、を生きてきた人間とでは、様々な点で差や違いが生じるということで、つまりただただ年をとったからといって話が上手になるということはないのである。それが証拠に私よりも随分と年下の人が上手な話をなさる。

 そんなことで年をとったのにもかかわらず話がカラ下手で、人前で話をする度に赤恥をかき続けている。だからなるべく人前で話をしないようにしているが、そういう姿勢が今日の事態を招いたのであって、どうしたらよいのかわからないまま保留状態にして薄目でかき氷を食べるなどしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、講義もかなりがんばらないといつまで経ってもうまくならないということです。

毎年講義の後は、愛媛大の医局の先生方とセミナーやdiscussionをして、そのあとみんなでお食事にいっています。

Th_img_7675

早めに到着したメンバーで先に乾杯している写真。

2018年7月13日 (金)

SPIN meeting

Th_flyer_promotion_spin_2019
なかなか面白そうな学会です。inviteしていただいたので、参加の予定です。
http://www.spindermatology.org/spip.php?page=breves_portail&id_relaxbreve=385


SPIN 2019 Programme

 

Day 1 - Thursday, 25th April

 

9:30-11:30 - Educational course on psoriasis

Chairs: Esteban Daudén/Tamar Nijsten (Netherlands)

1. genetics/pathogenesis – Paola di Meglio (UK)

2. comorbidities - Tiago Torres (Portugal)

3. topical therapy - Rolland Gyulai (Hungary)

4. systemic therapy - Cesar Gonzalez (Colombia)

5. biologic therapy - David Moreno (Spain)

 

11:30-12:30 Sponsored Symposia

12.30-14.00 Welcome reception

 

14.00-14:10 – Congress Opening:

Fondation René Touraine Welcome and update on SPIN – Thomas Luger and Jo Lambert

 

14:10-16.00 – Plenary 1: Genetics and pathogenesis in psoriasis and atopic dermatitis

Chairs: Pedro Herranz (Spain) / Georg Stingl (Austria)

1. Genetics in psoriasis and atopic dermatitis - Jonathan Barker (UK)

2. New developments in immunopathogenesis of psoriasis – Curdin Conrad (Switzerland)

3. Genetics and immunopathogenesis of pustular variants of psoriasis - Hervé Bachelez (France)

4. Autoimmunity vs autoinflammation in psoriasis - Lars French (Switzerland)

5. Pathogenesis in psoriasis and atopic dermatitis. Similarities and differences - Emma Guttman-Yassky (USA)

 

16.30-18.00 – Focus Session 1: Epidemiology and registries

Chairs: Seijo-Dávila P (Spain) / Luigi Naldi (Italy)

1. Comorbidity connection in major inflammatory skin diseases - Alexander Egeberg (Denmark)

2. Epidemiology of major inflammatory skin diseases in emerging countries – Alur  Kumar (India)

3. Epidemiology of major inflammatory skin diseases anno 2019 - Ignacio Garcia Doval (Spain)

4. Registries in major inflammatory skin diseases - Phyllis Spuls (Netherlands)

Free communications (3 x 5' + discussion) 

 

16.30-18.00 – Focus Session 2: Advances in target-oriented therapy

Chairs: Romana Ceovic (Croatia)/ Skaidra Valiukeviciene (Lithuania)

1. Atopic dermatitis - Thomas Bieber (Germany)

2. Psoriasis – Andrea Chiricozzi (Italy)

3. Psoriatic arthritis – Henning Boehncke (Geneva)

4. Biomarkers in psoriasis and atopic dermatitis - M Stahle (Sweden) or Catherine Smith (UK)

Free communications (3 x 5' + discussion)

 

16.30-18.00 – Patient Association’s Meeting

 

 

 

Day 2 - Friday, 26th April 

 

08.30-10.00 – Focus Session 3: Autoinflammation and autoimmunity

Chairs: Lara Ferrandiz (Spain), Richard Warren (UK)

1. Autoimmunity in psoriasis - Jörg Prinz (Germany)

2. Live imaging of cutaneous Immune-responses – Kenji Kabashima (Kyoto)

3. Microbiome in major inflammatory skin diseases – (Thomas Luger (Münster))

4. Autoinflammation and autoimmunity in psoriasis vs hidradenitis suppurativa - A Martorell (Spain)

Free communications (3 x 5' + discussion) 

 

08.30-10.00 – Focus Session 4: Beyond the skin

Chairs: Paolo Gisondi (Italy), Jakob Thyssen (Denmark)

1. Psychological and psychiatric comorbidities in major inflammatory skin diseases - Marta Garcia-Bustinduy (Spain)

2. Liver disease and musculoskeletal disease in psoriasis - Paolo Gisondi (Italy)

3. Cardiovascular comorbidities in major inflammatory skin diseases – S Piaserico (Italy)

4. Comorbidities in major inflammatory skin diseases other than psoriasis- JM Carrascosa (Spain)

Free communications (3 x 5' + discussion) 

 

10.30-12.30 – Plenary 2: Novelties in therapeutics

Chairs: P de la Cueva (Spain) / T Luger (Germany)

1. Anti TNF and small molecules in psoriasis - Sandra Phillips (Germany)

2. Anti IL17 in psoriasis - Carle Paul (France)

3. Anti p40/anti p19 in psoriasis - Kristian Reich (Germany)

4. New molecules in atopic dermatitis - Diamant Thaçi (Germany)

5. What drug for what patient? - Mark Lebwohl (USA)

 

12.30-14.00 Lunch break / Sponsored Symposia

 

14.00-15.30  Focus Session 5 - Topical treatments and physical modalities of treatment

Chairs: JM Carrascosa (Spain), Lajos Kemeny (Hungary)

1. Topical therapy in psoriasis and atopic dermatitis - Lars Iversen (Denmark)

2. UVB in psoriasis and atopic dermatitis – Piergiacomo Calzavara (Italy)

3. (Innovative) sources of phototherapy in psoriasis and atopic dermatitis- Lajos Kemeny (Hungary) 

4. Physical treatment modalities in hidradenitis suppurativa - Gregor Jemec (Denmark) or Errol Prens (Netherlands)

Free communications (3 x 5' + discussion)

 

14.00-15.30 – Focus Session 6 – Advances in systemic non biologic therapeutic agents in psoriasis and atopic dermatitis

Chairs: Raquel Rivera (Spain), Martine Bagot (France)

1. Fumarates/acitretin- Peter van de Kerkhof (Netherlands)

2. CsA /MMF /azathioprine - Cesar Gonzalez (Colombia)

3. MTX –Rolland Gyulai (Hungary)

4. Apremilast and -inibs - Richard Langley (Canada)

Free communications (3 x 5' + discussion) 

 

 

15.30-18.00: SPIN Forum

Chairs: Louis Dubertret (France), Chih-ho Hong (Canada)

Format:

- Speakers from Europe/Asia/America/Africa

- 5-6 Short presentations of 10 mins each, from different speakers/world areas revealing their reality and main problems regarding one hot-topic for discussion

- The role of the chairs (or panel) will be to stimulate the participation from the audience/ sharing the experience/ ask for proposals and ideas to potentially be developed by the SPIN (15 min for each topic)

 

1. Limitations on access to conventional/biologic therapy around the world 

Maria Lorna Frez (Phillipines), Nejib Doss (Tunisia), Nelida Raimondo (Argentina) 

2. Screening and follow up for conventional/biologic therapy 

Carlos Muñoz (Esp), Zheng Min (China ), Emad Elgamal (Egypt)

3.Infections in patients under immunosuppressive drugs: learning from difference

Marta Ferran (Esp), Fernado Valenzuela ( Chili) + Ibrahim Almukahal (Lybia)

Discussion

 

15.30-18.00: How do I manage?

Chairs: Lluis Puig (Spain), Chris Griffiths (UK)

Expert Panel: Mark Lebwohl (USA), Alur Kumar (India), 1 patient representative for psoriasis, 1 patient representative for atopic dermatitis

 

1. Pregnancy – Angela Londoño (Colombia)

2. Childhood psoriasis - Marieke Seyger (Netherlands)

3. Chronic hepatic diseases - Eva Vilarassa (Spain)

4. Chronic infections – Fatimata Ly (Senegal)

5. Nail psoriasis - Marcel Pasch (Netherlands)

6. Recalcitrant atopic dermatitis - Esther Serra (Spain)

 

 

Day 3 - Saturday, 27th April

 

08.30-10.00 – Focus Session 7: Treatment goals/guidelines in major inflammatory skin diseases

Chairs: Luis Puig (Spain), Christian Vestergaard (Denmark)

1. Treatment goals in psoriasis -  Ulrich Mrowietz (Germany)

2. Guideline variability across countries- Jay Wu (USA)

3. Drug survival - Elke de Jong (Netherlands)

4. Treatment outcomes and goals in atopic dermatitis – Alan Irvine (Ireland)

Free communications (3 x 5' + discussion)  

 

08.30-10.00 – Focus Session 8: Individualized therapy in major inflammatory skin diseases

Chairs: Jan Gutermuth, Lone Skov (Denmark)

1. Treat to target - Alexander Nast (Germany)

2. Transitioning between biologics - Ronald Vender (Canada)

3. Combination therapy - Pablo Coto (Spain)

4. Therapeutic drug monitoring – Ann Gils (Belgium)

 Free communications (3 x 5' + discussion)  

 

10.30-12.30 – Plenary 3: Outcomes in psoriasis

Chairs: J Lambert - Ulrich Mrowietz

1. Intro to value based healthcare, applied to a chronic disease model - Fred Van Eenennaam

2. Patient relevant outcome measures in psoriasis (IDEOM) – Alice Gottlieb

3. The integrated practice unit in psoriasis - Ulrich Mrowietz (Germany)

4. Can we justify the cost of a value based psoriasis approach? - Matthias Augustin (Germany)

 

12.30-14.00 Lunch break / Sponsored Symposia

 

14.00-15.30 – Focus Session 9: Empowering HCPs in leadership and management

Chair: Jo Lambert, Volker Steinkraus

1. How to build an effective clinical team? - Volker Steinkraus (Germany)

2. How to use resources effectively? - Jo Lambert (Belgium)

3. How to deal with non-adherence in patients? – Rachael Thorneloe (UK)

4. How to organise multidisciplinary teams? – Amanda Lim (Australia)

 

 

14.00-15.30 – Focus Session 10: Special situations: children, pregnancy, old age, cancer patients in major inflammatory skin diseases

Chairs: I Belinchon (Spain), Hugo Schonenberger De Oliveira (Portugal)

1. Pediatric patients with severe major inflammatory skin diseases - Brian Kirby (Ireland)

2. Paradoxical reactions - Alexander Navarini (Switzerland)

3. Scalp and genital psoriasis - Lorna Frez (Philippines)

4. Old age/cancer patients – Yves Poulin (Canada)

 Free communications (3 x 5' + discussion)  

 

16.00-18.00 - Plenary 4: Late breaking abstracts

 

2018年7月12日 (木)

日本炎症・再生学会

東京・新宿にて開催されています。
皮膚科としては19年ぶりに慶應大学皮膚科の天谷教授が会頭に選出されました。
今年のプログラムは、特別講演に山中先生、Howard Chang先生、宮脇敦史先生、Kathleen Caron先生という超豪華メンバーです。
シンポジウムや教育講演もどれもサイエンスのレベルが高く、天谷先生をはじめ、プログラム委員らが高いところを目指していることが強く伝わってきます(あまり貢献できませんでしたが僕もプログラム委員です)。
さらに、皮膚という臓器の重要さも参加者に伝わったのではないかと思います。
天谷先生をはじめ、世の中の素晴らしい方々は、何かにフォーカスし、それを完璧なまでに準備して成功させますし、そしてその成功が、多くの人に幸せや利益をもたらすことを最近よく知らされます。しかも、いやいややるのではなく、その大変な過程も楽しみながら進められています。これも見習えるものであればそうしたいです。人生、楽しみながら生きていきたいです。
Th_img_7643

2018年7月 7日 (土)

豪雨

京都は、市内(というか左京区)はそれほどの豪雨という感覚はなかったのですが、西日本は大変な被害を受けています。
京都も北部地区の豪雨の影響で、鴨川はかなり危険な状況になってましたが、漸くおちつきました。
Th_img_7581
Th_img_7582
最近は自然災害の程度が激しくなってきているように感じます。
数十年に一度の豪雨、とのことでしたが、次が数十年後ではなさそう。

石坂公成先生

IgEの発見者の石坂先生がお亡くなりになられました。
僕がアレルギーを研究している理由の間違いなく一つとして石坂先生の存在があります。
医学部学生(3回生)の時に、何か研究をしてみたいと思ったわけですが、免疫・アレルギーに興味があったので、いろいろと研究室を探したところ、石坂先生のお弟子さんの淀井淳司先生と巡り会えました。
それ故、僕はある意味孫弟子にあたります。
2016年6月19日に日本アレルギー学会で、IgE発見50周年記念シンポジウムの会食でお会いしましたのが最後となりました。
20180707_95016
これからも、アレルギー研究の発展に少しでも貢献したいと思います。
また、僕は、石坂先生の「我々の歩いて来た道―ある免疫学者の回想」を何度も読みました。
 

2018年7月 6日 (金)

他科医から訊かれるこの皮膚病はなに? (皮膚科フォトクリニックシリーズ) 宮地良樹編集

いわゆる「宮地本」の最新作(の一つ)となります。
この2−3ヶ月はほとんど読書ができず、ベッドで読書をする余裕もなくネオチしてしまっています。ですので教科書の紹介です。

さて、この教本ですが、皮膚科よりもむしろ他科の先生が読むといいのではないかと思っています。あるいは、専門医を未取得の皮膚科レジデントの方など。本当は医学部の学生さんも、これくらい勉強しておいて欲しいところです。

日本語雑誌

毎日のように原稿や編集の依頼が来ます。
それなりに、どの雑誌も日本人研究者の役になっているのだと思いますが、本来であれば、originalの英語の論文を読めばすむことで、日本語の雑誌を含め、そもそもjournalが多すぎるように感じています。
今日は朝から依頼原稿などを4つほどすませましたが、なんとなく虚しさが残り、これは、僕の一時の気分的なものなのか、やはり、本質的なものなのか。
ともあれ、これからは仕事をもう少し絞って、やると決めたことに集中したいと思っています。こんなこと、このブログにずっと書き続けていて、それ故に、少しずつ仕事を辞退してはいるのですが、それでもまだまだ全然断捨離できてないです。
意志薄弱ということですね。

サッカーネタ

テレビを滅多にみないので、ベルギー戦後のことがどう報道されているのかあまり関知してなかったのですが、昨日銭湯に行ったらたまたま関連の番組をやってました。西野監督は続投せず、凄くすがすがしい顔でのインタビューをうけており、大変なプレッシャーを受けていたのだろうと察しました。
あと、僕も含めて多くの人が「よくがんばった」と思っていますが、本気でその上を目指すなら、このままでは大変だろうということは、素人の僕でもよくわかります。
もっとセルジオ越後氏などの意見も採り上げていいと思うし
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180703-OHT1T50166.html
オシムさんのコメントは、やはりちゃうなあ、と思っています。
https://www.hochi.co.jp/soccer/worldcup/CO034055/20180704-OHT1T50090.html
今後の世代交代、どうなるのか楽しみです。
ただ、体格の違いはgeneticにどうしようもないところがありますね。闘莉王とか、ラグビーの日本代表みたいなチームづくりも大切なのかも。

次期監督にはカリスマよりも、ロジックのしっかりした人になって欲しい。

と、そんなことより、自分の教室をしっかりしないといけないです。ただ、サッカーをみていても、やはり自身の教室運営と重ねてしまうのがこれはもう性というか、どうしようもないです。

今日で、僕の恩師の成宮周先生が会頭をつとめられた国際薬理学会も終了です。凄い演者が世界中から参加されてます。

2018年7月 4日 (水)

サッカー 日本代表

ちょっと報告が遅くなりましたが、
ワールドカップのベルギー戦、しびれました。
既に、多くの記事などがでているので、今更僕がここで何をいっても仕方ないと思いますが。。。
今回の試合を見ていて、
海外組でプレーする日本の選手層が増え、頼もしく感じられたことと、海外を経験した選手層のが益々厚くなって欲しいと思いました。これは研究者にも同じ思いを抱きます。
監督も同様。これから長谷部や本田のような素晴らしい選手が、将来コーチングの世界でも海外を経験していってくれるとまた違う日本代表が生まれるのではないかと期待します。
それにしても、サッカーというスポーツは凄いです。観戦していてここまで熱くなれるスポーツは他にないです。特に中高時代、僕はサッカーぎらいでした(ヒトとしての進化の証でもある手を使えない競技の存在そのものが理解できなかったので)が、今となっては考えを改めています。
ただ、サッカーをプレイするのは苦手です。他の球技は大体得意なのですが。
4年に一度のワールドカップ。次回も日本が本戦に出場できるのか保証は全くないわけですが、また出場してほしいし、応援します。

2018年7月 2日 (月)

外国人家政婦 サッカー

騒がれた割に、270名というのはなんとも寂しい数です。
この市場は僕はもっと拡大されるべきと思っています。
仮に日本語があまりできなくても、英語が話せればいいという家庭もあるかも知れません。
なまりはありますが、子供の英語教育にもわるくないでしょうし。
今回のワールドカップのポーランド戦の最後の10分が話題になっているようで、いろいろな意見がでていて大変興味深いです。
スポーツには日本人のあり方を考える機会まで与えてくれることがまず素晴らしいです。
どの意見にも一理あります。個人的には、ルールに則って勝負をしているわけだし、博打にでてそれに勝ったのだから、僕は評価しています。もちろん他の選択もたくさんあっただろうけど、勝負の世界でたらればをいっても仕方ないです。
というわけで、外国人家政婦を含め、形にこだわりすぎて前に進むことができずにくすぶっている日本のいろいろな現況を考えると、今回のサッカーは、良い教訓のようにも思えます。

2018年6月30日 (土)

アトピー性皮膚炎バブル

アトピー性皮膚炎に関する仕事は、実は、僕が医学部の学生時代にまでさかのぼります。
アレルギーに興味があって、IgEの発見者の石坂公成先生のお弟子さんであった淀井淳司先生の門を3回生のときに尋ねました。かれこれ27年ほど前のことです。
アトピー性皮膚炎は、プロトピック軟膏の開発以来、大きな治療の進展がなかったわけですが、漸く今年になってDupilumab(商品名はデュピクセント)が承認され、これを契機に今後も新薬開発が目白押しです。
患者さんに取っても、そして皮膚科医に取っても治療の選択肢が増えることはとてもありがたい事です。ただ、以前、アトピービジネスという言葉がはやりましたが、今の様相は第二次アトピービジネス、という感じがしないわけでもありません。
さておき、アトピー性皮膚炎関連の国際的な会合や治験が急激に増加しました。アトピー性皮膚炎関連の論文も随分増えたと思います。
アトピー性皮膚炎の治療アトピー性皮膚炎の総論などで、海外の友人達との共同論文も増えています。
この流れが単なるバブルに終わらせないために、どうすべきかを意識するようにしています。

2018年6月27日 (水)

運の流れ

昔から僕は運の流れというものを強く信じています。麻雀でもそうです。
さて、今日はふとビールをこぼした際に、keyboardの"a"が不能になりました。
そのあと、コンピューターをシャットダウンした後で、passwordにaが含まれているために再起動が不能になるという事態に陥っています。
出張中にこの状況はしゃれにならないのですが、いろいろな障害をなんとか乗り越えて、今に至っています。
こういうケースではsleep modeをまず切って少なくともそれなりに作業ができるようにすることが大切と感じました。
ショーもない話で失礼。

2018年6月26日 (火)

経験を通して取捨選択

教授になってから3年が過ぎました。
その間、教授でなければ経験できなかったであろう事を良いこと、悪いことを含めて本当に色々と経験させていただきました。
大学の仕事、日本皮膚科学会、研究皮膚科学会、ILDS等の国際関連の学会、journalのeditor、臨床試験、などこれ以上働けないと思うくらい限界のところでやってきています。
ただ、これらの仕事は、医局の後輩や秘書さん、それに本当に助けられながらなんとか前に進めている感じです。みんなのサポートがなければ絶対不可能です。その恩返しを少しずつこれからなんとかしていきたいと思っています。彼らの成長を妨げずに応援していくことが一番なのでしょうが、いろいろな仕事をお願いしてしまうことが多いので、それは邪魔していることになるかもしれません。
みんなは、いろいろな仕事を投げられても前向きに受け止めてもらえるかなあ、、、。
とにかく今年は、いろいろと失敗も多かったです。
そして、これからも仕事が減るとはとても思えないので、断るべき時ははっきり断らないといけないでしょうし、また、やるといった場合は、これまで以上にその仕事をきちんとやり遂げていかないといけない責任も増してきています。
今年も年内はほぼスケジュールが全て詰まってしまっています。来年以降、これまでの経験をきちんと生かしてスケジュールを考えていきたいと思います(が、どうなることやらわかりません)。

2018年6月25日 (月)

仕事の蓄積

出張が重なっていることもあり、仕事が溜まっています。メールの返事などいろいろと対応が遅れていますが、おそらく今月いっぱいはその状況が続きそうです。

2018年6月21日 (木)

吉木君のhome page

産業医大で後輩だった吉木先生が開業したのですが、それはさておき、ブログや落書きが面白い。
Sawatyan1hpkai_2
オタク能力がもの凄く高かったので、研究に打ち込んだらどれだけ世界の医学の医学の発展に貢献できたか楽しみな人材でした。もっとも悔やまれる人材の一人ではありますが、いまや、地域の患者さんの絶大なる信頼を得て大忙しのようです。
そして、もう一人の後輩、澤田君がそろそろ留学です。産業医大の凄さを世界に示して欲しいし、それを彼は担ってくれると思います。

ストレス発散 トレラン

たまには自分を追い込まないと心のバランスが崩れますので、100kmほど山を走ってきました。
こうやって自分を苦しい状況に追い詰める方がどうやらいいようです。そうしないとエネルギーが有り余ってしまいます。
最近気合いを入れて走れてないのでWorld seriesの出場資格もそろそろなくなってしまうと思いますので、今のうちにたまには楽しんでおこうと思います。
Th_img_6869

2018年6月19日 (火)

サッカーワールドカップ

始まりましたが、日本への期待が薄い分、あまり盛り上がらないです。
それにしても、サッカー選手の多くがTattooをいれていること、また、ファウルを受けたときのパフォーマンスが俳優さながらであることに驚いています。
あまり気持ちのよいものではないですね。

2018年6月18日 (月)

日独皮膚科学会 写真

Th_img_6733_3
当科からは本田先生も講演しました。
Th_img_6748
島田先生も相変わらずエネルギッシュ。
Th_img_6759
お昼の休憩時間中。
Th_img_6770
Ruzicka先生を囲んで。なんかオーラが漂ってます。
Th_img_6791
この車2-3億円もするらしいです。 意味わからんお金持ちがおるもんです。
35302411_1929918747090451_792637902
みんなと早朝ラン。きもちよかったです。

日独皮膚科学会

隔年で日本とドイツで順番に開催される本学会ですが、僕は三回目の参加となりました。
ミュンヘン大学のThomas Ruzicka名誉教授が会頭をされました。
https://www.gjsd2018.com/
そして、開催地がミュンヘンから1時間半ほど車で行ったところにあるTegernseeという湖の畔ということで、ドイツの軽井沢のようなところでした。
僕は講演2回と座長もやりましたので、それなりに学会には貢献できたかなと思っています。
ホテルもとても快適で、こういうドイツの豊かさを目の当たりにすると、やはり日本の行く末が気がかりになってしまうのは、よくない慣習ですね。
そういうのを吹っ飛ばすがごとく、以下の写真にて締めます。
Img_6725
ご満悦の戸倉先生。日本皮膚科学会副理事長です。

2018年6月17日 (日)

自分で判断し、責任を取る

自分で判断して、それの責任を取る機会をどれだけたくさん持てるかがとても大切だと最近よく思います。
そしてたくさん失敗して、その失敗から学んでいくことがさらに大切です。
周りの人を見ていて思うのは、自己判断をする事が習慣化していなく、それ故思い切ったチャレンジをしたりできないということです。
くだらない一例ですが、僕がマラソンや、特に長距離のトレイルランニングや登山が好きなのは、長ければ40時間という時間をどうすれば最大限に自身の能力を発揮できるかをずっと考え続けないといけないからなのかな、と思ったりしています。
それくらい自分の判断がどういう結果を生み出すのかを一つ一つ瞬時に決定していくことが、失敗すると時にもの凄い肉体的ダメージとして降りかかってきます。ゴルフも面白いと思っていますが、失敗してもスコアが悪くなるだけで、それが自分としては何か物足りないです。
仕事でも同じで、毎日同じ事だけずっとやっていけば良いのは、一件楽かも知れませんが、それは僕の性に合わない訳で、何か面白そうな事を自分で見つけて行きたい。
ということで、これはうちの医局員にも自己判断できる人間になって欲しいという思いが強くなっています。
それ故、初期の数年はこちらの意向を丁寧に伝えて行きますが、中堅のスタッフクラスになったら、こちらからは機会だけ与えて、それをどうするかは本人に任せるようにしています。
そういう機会を拒否する人もいたりしますが、それはそれで僕はいいと思っています。ただ、そういう人には今後そういう機会が回ってくることは減るんじゃないでしょうか?それは僕だけの判断による問題ではなく、そういう態度の人には多くの人が仕事などを頼まなくなるのは必然的なのではないかということです。
僕はこれまでいろいろな仕事の機会を多くの方に与えてもらって、それを楽しんでやってきた気がします。そういう性格で良かったと思っています。

2018年6月13日 (水)

おもてなしとは シンガポールの実力

まずは、この記事を是非読んでみて欲しいと思います。
日本は、「日本的な」おもてなしでお客を迎えるわけですが、これは以前から口を酸っぱくして繰り返していますが、最初は海外の人は驚きを持って賞賛してくれますが、長続きしないと思います。
世界には宗教や文化が異なる人々がいるのがあたりまえで、そういう人がハラール食もろくに無いような国に長く滞在するのは苦痛です。空港のビジネスクラスのラウンジくらい、きちんとしないといけない訳ですが、そういうところはずっと改善がないです。
しかしながら、日本がこの点も克服できたなら、本当に素晴らしいおもてなしができる国になるのに残念です。
そして、先ほどの記事の最後の部分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国系の男性ドライバーと雑談をするうち、ぼくは「シンガポールはスゴ腕のファシリテーターだね」と水を向けた。すると彼は、穏やかながらニコリともせず、ぼくにこう返してきた。

「当たり前だろ。そうでもしないと、こんな小さな国は生き残っていけない」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タクシードライバーのみならず、国民全体がしっかりそのことを認識しています。日本も同じ小さな国です。

海外出張

ということで、今年もかなり断ってきましたが、それでも結構出張が多くて大変なので、来年はかなり選択します。
学問的には欧米の学会が圧倒的に面白いわけですが、学会の開催場所としては、僕の個人的な好みで言うと
アジア>ヨーロッパ>>>アメリカ
の順になります。

ヨーロッパアレルギー学会

そういえば、先日、ヨーロッパアレルギー学会に参加するためにミュンヘンにも出張でした。
朝着いて、そのまま荷物を空港のホテルに預け、学会にいき、そこで講演して、会長招宴会に参加し、そのままホテルに戻って一泊し、朝、日本に戻るという弾丸ツアーでした。
日本アレルギー学会とEAACIの合同集会のような企画が初めてなされ、僕は以前同様の企画でアメリカ免疫学会でも講演したことがあるのですが、なんと参加者がすくないばかりではなく、日本人が中心で、残念な思いをしたことがありました。
しかしながら今回はかなり会場は一杯で、参加者のほとんどが海外の方でした。
日本の免疫学会の世界における凋落と、アレルギーの領域はまだサイエンスでは世界でそれなりに戦えていることを象徴しているのでしょうか。。。。あまり短絡的には考えたくないですが、それなりに当たっているところもある気がします。
ともあれ、こういう海外出張って本当に体に悪いと思います。肩が凝って仕方ないのとずっと時差ボケ状態です。
Th_img_6338
ミュンヘンではさすがに時間がなくてジョギングできず。
Th_img_6341
この学会場が結構埋まってました。
Th_img_6349
dinnerは豪勢でしたが、音楽が途中からうるさくなったので、早々に退散してホテルに戻って寝ました。。。

AIと医療

今回のベトナムの学会で、台湾や中国からの皮膚の臨床写真からのAI診断について発表がありました。
中国は既に皮膚科の間でコンソーシアムを作り、産官学の連携で50万枚の臨床写真から85%ほどの確率でcommon diseaseの診断がつくところまでたどり着いたと自慢していました。
シリコンバレーはさらにその先を行っています。
日本も周回遅れでの参戦となりそうですが、それでも避けて通れないので、あがくしかない状況です。僕はこのあたり素人なのでたいした事はいえないですが、何か新しい視点がもとめられます。
一方、最近CT等の読影で見過ごしたことから訴えられているケースを新聞でちらほら見かけます。AIはとりあえず早く導入する方が、患者さんのためにも、そして医者の身を守る上でも大切ですね。
10年もすれば、採血の結果、画像診断、尿検査など多くの領域にコンピューターによる診断が介入してくることは当たり前で、ただ、それをいかにうまく利用するか、という時代がしばらく続くのかと思います。
しばらくは共存し、そしていつかは、人間を多くの面で越えていくのは、これはもう受け入れざるを得ない現実となります。

2018年6月12日 (火)

Th_img_6650
ブラジルとメキシコからの参加者。中南米はやはり明るい人が多くて好きです。
Th_img_4115
東南アジアの皮膚科の重鎮の方々と。。。
普通は研究の話以外、あまりしないのですが、アジアの方とは、文化とかいろいろと興味があるので、一緒に話をしていても話題はつきません。
Th_img_6657
2019年のミラノのWorld Congress Dermatology のprogram紹介の中で、Distinguished Keynote Speakerに我らが吉森先生が紹介されてました。

東邦大学にて

いつも元気な中野裕康先生にお声をかけて頂きました。
20180607tohonow72all_dsc_6508
たまには講演している写真もupしておかないと。。。
東邦大は上皮のバリア機能に特化した大型予算に採択されていて、その関連のシンポジウムに参加してきました。学長や医学部長の先生方と、その後お食事の機会も設けて頂きまして、大変お世話になりました。
Img_6533
よく、私立大学の生き残りが大変だという話を耳にしますが、たしかに同じ医学部で有りながら、学生の親御さんからのプレッシャーだったり、国試の合格率だったり、病院の売り上げだったりと、研究に打ち込むのはかなり大変な状況だと言うことがよくわかりました。
これで40時間しか仕事をしたらいけない、とかなったら、もう、研究なんてできないですね。

細胞生物学会

先日東京で、細胞生物学会に参加してきました。
いつも良くして頂いている吉森先生とのご縁で参加するようになった訳ですが、臨床医はほとんどいません。その居心地の良さは何物にも代えがたいです。
教授になって3年経ったので、何を自分がすべきかはある程度わかりつつあります。この一年は色々な仕事を引き受けてしまいましたが、来年からはもっと整理します。
Th_20180608_134045
講演者と座長とで打ち上げ(実は講演開始前)。
Img_6557
ついに大隅先生と!
吉森先生よりも、僕の方に寄り添っているように見えるのは気のせい?

ベトナム戦争の博物館

Th_img_6624
これをみて、欧米人はどう思うのかな、と。
一部政府のプロパガンダ的なところもありますが、写真が淡々と展示されていて、それをどう思うのかはこちら次第という感じでした。
アメリカで内科のレジデントをしているときに退役軍人の多くがPTSDを患っていましたが、こういう生の写真をみると以前よりも理解できるようになったかな、と。

ベトナム

約20年ぶりのベトナムになります。
やっぱ随分変わったなあ、というのが率直な感想で、アジアの発展は本当に早い。
日本はあっという間に浦島太郎です。
Th_img_6602
高層ビルがどんどん建設中ですね。
Th_img_6633
バイクが多いのが問題なのではなく、かれらが歩道にまで乗り上げて走るのが問題でした。ジョギングどころではないのですが、それでも3日間の合計で15kmくらい走ったでしょうか。
欧米人はみんなジムで汗を流していましたが、僕はそれが退屈でできないのです。
Img_6623
なんか良くわからない写真。ただ笑ってしまいました。


ベトナム料理

ILDSによるWorld Skin Summitという会議に参加しています。
こぢんまりした会なので、多くの方と知り合いになれるというメリットはありますが、もともとはそんなに社交的というわけでもないので、途中から結構疲れを感じてきました。
ということで、2時間の空き時間に学会場を抜け出して、観光客が一切いないlocalなレストランへ。
Img_6637
永田先生の本がひっくり返って写ってしまっています。
ビールと込みで、300円以下です。
うまかった。やさいたっぷりのカニ肉スープです。

約90年前の京都の音声付き映像

これ凄いです。

知の体力 永田和宏著 2

うーん、この本ほど僕が普段から思っていることが記されている本はないです。
過保護なっている大学への警鈴。
学習と学問の違い。
学んでから始めるのではなく、始めつつ学ぶことのすすめ。
一度きりの自分の人生をどう生きるのか?
今の日本は親が子供の自立を妨げていること。
河合隼雄先生や木村敏先生の話。
などなど。
輝いている自分と巡り会うために、この本はいろいろなヒントを与えてくれます。
人生はいつでも再スタートを許してくれますから、みんなが輝きのある人生を送って欲しいと思います。

2018年6月11日 (月)

京都市に泊まる外国人と日本人の比率が逆転

この記事は、住民の感覚とマッチします。
多くの海外観光客は京都をよかったと言ってくれますが、今の京都は渋滞も増え、特に市バスの混雑はひどいし、ホテル、レストランなど価格が高騰するにもかかわらず予約が取りづらくなっています。
桜と紅葉の時期は特にひどくて、本当にこんなことで、日本の良さが伝わるのか疑問。
京都はもはや単なるテーマパークと変わらないのではないかという気すらします。
かこつけてレストランや旅館などがどんどん増えていますが、観光客頼みになると、人は卑しくなりはしないか。。。京都の良さが薄れつつあることを残念に感じます。それに近い将来、何か国際問題などがおこって、観光客が激減し、大変な事になったりはしないかと心配になったりもします。

2018年6月10日 (日)

ILDS meeting in Ho Chi Minh

ILDSのboard meetingのためにベトナムに来ています。
来年にミラノで開催されるWorld Congress of Dermatologyの準備を始め、いろいろな検討事項があります。
僕は、Scientific Program Committeeとして貢献しています。
20180610_144943
そして、以下のような活動をILDSは行っていますので、みんなで作業を振り分けて進めています。ちょっと仕事が多すぎる気もするので、もっと選択と集中が必要だと僕は思うのですが、なかなか受け入れてもらえません。
20180610_162139

知の体力 永田和宏著

まだ半分しか読んでないのですが、必読の書です。
誰もがこの本からなにがしらの刺激を受けるはず。
読了したときに改めて感じたことをここに記そうと思います。

2018年6月 7日 (木)

日本皮膚科学会総会 若手の頑張り 教授就任 3年

最近はめっきりブログの更新が滞ってしまっています。
余裕のない生活が露呈されているようで、悔しいです。
さて、教授に就任してから約三年が経過しました。
最初の5-10年はとにかく若手の人材育成かな、と思っていましたので、今回の皮膚科学会総会で当科のメンバーの頑張りが認められたのは大変嬉しい事です。
自身の受賞よりもうれしい位。
Th_img_6413
あと、この写真のメンバー以外に、鬼頭君と下宮くんも表彰されました。
Th_img_6415
Th_img_6416_2
Th_img_6417

2018年6月 2日 (土)

学会参加のルーティーン ポスター中心

僕にとって学会での一番の楽しみは、人に会うことでもなく、実は、ポスターを眺めることです。
今年の日本皮膚科学会総会は数百のポスターがありましたが、半日かけて一通り全部見ました。皮膚科系の学会では、
1. まず臨床写真を見る(タイトルはみない)
2. どんな疾患か?このポスターで何を言おうとしているのかを想像してみる。
そこですぐわかってしまったり、興味の対象でなければ次のポスターへ。
ここまで5秒以内
3. 臨床が良くわからなかった場合は、病理などをみて、どんな疾患か?等をもう少し考える。
4. そのあと、診断名をみたり、タイトルを見たりして、このポスターのメッセージを読み取ります
こんな作業を延々数百回繰り返すわけですが、頭が最後の方は白んでくるくらい疲れます。
でも、そういう見方をしないと、能動的にポスターをみることができません。
セミナー、シンポジウムなどを聞きに行くよりもよほど効率良く多くの事を吸収することができると僕は思っています。

2018年6月 1日 (金)

是枝監督 「内向き日本に危機感」

また日経の記事です。
これはお金を払ってでも読むべき。
僕のブログにアクセスしてくれる人の何割くらいが日経のwebの会員なのかわからないので、申し訳ないのですが、是枝さんが映画に対して感じている思いと、僕の医学・基礎研究について感じている思いは全く同じです。
海外に出てみないとこれはなかなかわからないと思います。
もちろん留学できればベストだけど、それがかなわないのであれば、毎年国際学会に参加したり、旅行に行ったりするだけでも構わないです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 日本は「映画を文化としてとらえる素地が欠けている」
 
 

 映画にはビジネスや芸能など色々な要素がわい雑に入り込んでいて、だからこそ面白い。でも欧州の映画祭で向こうの映画人と話していて感じる映画の豊かさを、日本で感じるのは難しい。日本に帰ると、カンヌをワイドショーのネタとしてしか考えていない人がいますよね……。映画を語る言葉が成熟していない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ノーベル賞とかと同じですよね。是枝さんの今後の海外での活躍に大いに期待すると同時に、もっと自分も世界と繋がっていきたいと思っています。

最近の大学は、海外出張が多かったりすると、かるく嫌みを言われたりすることもあるのですが、そのご意見ももちろん承知しつつ、それでも、何が本当に日本のサイエンスの発展にとって重要なのか、長いスパンで考えて見て、自分が正しいと思ったことは、貫いていきたいと思います。

詭弁の話術 阿刀田高

古い作品なので、話題も今の人達にはちょっと通じにくいところもありますが、言葉遊びという点で、凄く気に入っています。

今日から私の履歴書で彼の自伝が始まりました。どんな奇遇かわかりませんが、ちょうどkindle本で昔を懐かしみながら読んでいたときだったので、びっくりしたところです。
当時は筒井康隆氏とかひねた性格の作家が多かったですが、今はストレートな時代やなあ、と感じます。

2018年5月31日 (木)

朝ジョグ

朝ジョグしました。気持ちよかったです。ちょうど良い感じの小山を見つけましたので、もう一回くらいは走りたいと思っています。
20180531_145754

日本皮膚科学会総会 樹状細胞

日本皮膚科学会総会(広島大学 秀道広会頭)が始まりました。
座長や各種会議の出席など慌ただしい時間を送ることになります。
教育講演の一つを担当しているのですが、その中で一押しなのが6月2日のこのセッションです。
20180531_144556
基礎の三名の先生方に、皮膚の樹状細胞に関する 講演をして頂けることになりました。
こんな貴重な機会は滅多にないことですので、皮膚免疫に興味のある方は是非ご参加ください!

2018年5月30日 (水)

スポーツと自分

こんな記事を読むと、返ってスポーツをやめたろか、、と思うくらいです。
僕は単に気張らしでやっています。でも、読書や音楽を聴いて気張らしができる人もいるだろうし、お昼寝、お酒、たばこ、という人もいると思います。
毎日一時間walkが習慣になっているというのもすごいような不気味なような。。。
自分にとってどういう時間の過ごし方が心地よいかを知ることが大切では?

2018年5月29日 (火)

プロとは 

青山学院大の陸上部の原監督の記事はなるほどと思わせるものがありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
競技を極めたいならとことん突き詰めて個を磨くべきだ。米国を拠点に活動する大迫傑選手や来年度からプロに転向する川内優輝選手も含め、彼らは従来の枠組みには収まらなかった。甘えを排して挑戦しようという気概は立派だ。プロという新たな選択肢があることを示したことは、将来の陸上界にとってもプラスだろう。

 もちろん、誰もがプロになれるわけではない。神野は箱根駅伝の5区の山上りで驚異的なタイムを出して「山の神」の称号を得たから決断ができた。大迫選手は早くから米国へ武者修行に出て世界と戦っているし、川内選手は市民ランナーの代表という“商品価値”がある。実績十分で他人がやらないことにチャレンジし、ナンバーワン、オンリーワンを目指している選手はプロの素質あり。さわやかさと力強さが同居し、感動や希望を体から醸し出せるアスリートは共感され、スポンサーもついてくるだろう。

 東京五輪をきっかけに、個人競技でもプロとして活動できる土壌ができつつある今の流れは喜ばしい。大事なのは五輪のあと。応援され続けるには結果を追い求めるだけでは不十分。メディアに出て魅力を発信していかないと。プロならば自分の言葉を持ち、社会から愛されるランナーでなくてはいけない。

 生々しい話かもしれないが、私は陸上で1億円プレーヤーが何人も出てくることを望んでいる。それくらい夢がなければ、若者は陸上を志さないだろう。ぜひ、神野たちには稼げることも示して憧れる存在になってほしい。裾野を広げて後輩が後に続けるようにレールを敷く。それは、彼らの立場でしかできない役目だと思っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これって、サイエンスでも同じです。

医者は、一億円プレーヤーにはなかなかなれないにしても、基本的に将来は安定していますが、サイエンティストは保証などありません。

そこに飛び込むことは、プロとして生きていく覚悟がやはり必要なのだと思います。

でも、サイエンスには、「他人がやらないことにチャレンジし、ナンバーワン、オンリーワンを目指せる」という特権があります。

一度の人生ですから、悔いの無い人生を送りたい、と48才になってつくづく思いました。

ただ、研究は、僕の立場になると自分で実験するわけではなく、研究室のメンバーや共同研究者との共同作業なのですが。。。

2018年5月27日 (日)

48才

48才になりました。
年男です。
ここまで無事に元気に生きてこれたのも、家族をはじめ、多くの方々に支えられてのことです。
年男を迎えられるのは、60, 72, 84才、、、と考えていくとあと何回迎えられるか。
人生確実に後半に入っているので、これからは、自分の本当にやるべきことをきちんと見極めていかないと、いまのような出張続きの生活をしていたら、あかんと思いました。

2018年5月25日 (金)

メキシコ皮膚科学会

もろもろの用事があってメキシコ皮膚科学会に参加しています。
Queretaroという街での開催で、この町には来るのは初めてなのでいろいろなことが新鮮です。メキシコ人は概して人なつっこくて親切です。
僕が子供の頃九州で育った、その時代をなんとなく思い出させてくれました。
写真は今日のセッションのspeakerと座長とのものです。
明日はkeynote lectureがあります。
みんなにわかりやすい講演を心がけたいと思います。
Img_5814

2018年5月23日 (水)

後発薬普及、阻むのは医師? 協会けんぽが業種別使用率を初調査

日経のこの記事はちょっとひどいですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 医療費の膨張を抑える役割を期待される後発医薬品(ジェネリック)。その使用率を調べると、医師や看護師など医療従事者の使用率がすべての業種の中で最も低いことが分かった。医師らは価格の安い後発薬の使用を患者に勧める立場だが、「自分たちが使うのは嫌」という実態が浮き彫りに。保険料負担が上昇し続けている会社員らから強い不満が出そうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後発品を処方しないと大学病院、薬局、開業医が仕打ちを受けるシステムが確立されているから従わざるを得ない状況がまず作り出されています。
たとえば、僕はモンブランの筆記具を愛していますが、どこか中国などの会社がモンブランのペンと(おそらく)まったく同じもので、少し安いからどうですか?といわれたって、僕は高かろうがモンブランのペンを購入すると思います。
それに医者(少なくとも僕)は別に患者さんにgenericを勧めたりしてません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
特許が切れると後発薬がゾロゾロと出てくることから、後発薬はかつて医師の間で「ゾロ薬」と呼ばれ、品質が軽視されてきた風潮があった。都内の大学病院に勤務する50代の医師は「新薬を使ってきた患者には切り替えを勧めづらいし、自分でも積極的には使わない」と打ち明ける。

 政府やメーカーの普及促進活動や製品の品質向上などの効果もあり、かつての風潮は薄れてきた。政府は20年9月までに後発薬の使用率を80%に上げる目標を掲げる。だが足元では伸びが鈍る。例えば今回調査した年齢層ごとの使用率では、0~9歳が61.9%、10~19歳が63.7%と平均を下回った。背景にあるのが自治体による子ども医療費の助成制度だ。

 自己負担がないなら、あえて安価な後発薬を選ぶ動機は薄れる。医療費助成を巡っては、安易な受診を増やしやすい副作用が指摘される。医療費抑制の有力な手段とされる後発薬は、詳細な使用実態がこれまで明らかでなかった。今回の調査などを参考に、今後は実情に応じたきめ細かい普及策が必要となりそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日経新聞は政府の手先か?と言いたくなるくらい腹が立ちます。

医療費の削減はもちろん大切なことですが、それを推進するためのやり方が汚くない?と感じてしまいました。

アメフト問題

日大タックル問題が話題になっているようです。実際にyoutubeで動画を見ましたが、たしかにひどい。でも、これに近いplayはこれまでもなきにしもあらずではないでしょうか(アメフトは時々見る程度の素人ですので間違っていたらすみません)。
審判もわるいし、もちろん日大の監督、コーチ、当該選手もわるい。
でも、いきなりマスコミたちがここぞとばかり日大監督らを悪者にして、そして下手すると日大のアメフト部そのものを再起不能までしかねない流れを感じます。
これは、芸能人を不倫とかでたたきまくっていることを同じ構図ですね。
日本人はこんなことを繰り返しつづけていますが、いい加減にしたほうがいいと思います。

2018年5月21日 (月)

新・基本英文700選 伊藤和夫著ではなくなっていた。。。

この本を知らない人は少ないのではないでしょうか。
大学受験の時にお世話になりました。

最近海外出張して感じるのは自分がものにしている英文が少ないと言うことです。
これを克服するためには、この本が一番ではないかと思って、改訂版を購入しました。
そしてCDを聞きながらshadowingをしたりしています。
僕はこの本は自分にとって大変有益と確信しています。

2018年5月20日 (日)

JDS journal of dermatological science

日本研究皮膚科学会のofficial journalのJDSには、長い間お世話になりました。
section editorとして何年続けたのかな?はっきり覚えてませんが、戸倉編集長の退任に伴って、僕もお役ご免とさせて頂くこととなりました。
Th_img_5368

Th_img_5367

戸倉先生、現在の雑誌の担当の方が美人でうれしそうです。

自身の仕事量としては、自分の容量を超えてきていると感じています。
僕よりも他の人がやる方がうまくいくと思われる仕事は、遠慮無くお断りしていくようにします。

IID2018 in Orlando 3 友好

僕は人付き合いがいい方だと思います。
誘われたらあまり断らずにみんなとわいわいたのしむタイプです。
共同研究も同じです。ただ、実際に手を動かすのは僕ではないので、まわりに迷惑をかけているのかも知れません。
一方、自分の若い頃を振り返ってみると、やはり頼まれた仕事は何でも断らずにやっていたの様な気がします。冷静に考えると一つ一つの仕事は無に帰したものが多いですが、それでも人とのつながりは少しずつ深まっていったのではないかな、と思います。

何年もそういうことをつづけていると、研究皮膚科の社会では、主だった研究者とは分野は違えど、顔見知りです。ありがたいことです。

Th_img_5397

UCSFに留学中からずっとお世話になっているErvin Epstein先生と。毎年SIDでごちそうしてもらっています。何年続いているんだろう。。。
息子さんの結婚式にも呼んでもらったりして、僕に取っては、アメリカのお父さんみたいな存在です。

IID2018 in Orlando 2 日本の存在感

今回は約1700の演題があり、日本からは170の演題登録があったとのことです。国別ではアメリカに次いで二位。
plenaryやoralに選ばれた数も日本は善戦していて、総合的にみて、日本はアメリカに次いで2番目の地位をしっかり保てたと思います。
他科の詳細はしらないのですが、臨床や基礎研究のあらゆる領域の中でも皮膚科ほど日本の相対的偏差値が高い科はそうそうないのではないでしょうか。

Th_img_5376

大学規模で考えると、今回は慶応の皮膚科の存在感が抜群でした。
京大の自分としては正直悔しいですが、日本研究皮膚科学会賞、Leo Pharma賞、plenary talkを含めて圧倒的でした。

京大からもoralの数はしっかりあり、また、どれもしっかりとしたプレゼンテーションで、海外のいろいろな方から「京大の○○の研究はよかった」という声はたくさんいただけました。ただ、もっと成長できるはず。そのためにどうすればいいのか、すぐには答えはないけど、やはり各個人のさらなる自立を求めたいです。

IID2018 in Orlando 1

最近は全然upできてなくてすみません。
研究費の申請書づくりにおわれていたのと、International Investigative Dermatology (IID)
が始まってからはずっとばたばたしていました。毎日睡眠時間が3-4時間でしたが、ようやく無事に終了しました。
5年後は東京での開催になりますので、ホストとなる日本研究皮膚科学会による素晴らしい会の開催を目指したいと思っています。
それに向けていろいろなイベントにも積極的に参加しました。
時に大失態もおかしたりしましたが、これが5年後にはないようにしないといけないです。
それに、もっと英語力もつけておかないとまずい。自身の問題が山積みです。

Th_img_5373

IEC主催のアトピー性皮膚炎のシンポジウムの講演者と一緒に。
立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。
長い間アトピー性皮膚炎の研究をしてきましたが、ここ数年で一気に新薬の開発が活発になり、僕もいろいろと引っ張り回されています。
世界的には長い間それほど注目されている疾患ではなかったのですが、世界のメガファーマが目をつけ始めてからはもの凄い変化です。
メラノーマの化学療法も同様の状況です。

ここまで海外の企業などが熱を上げている状況を考えると、それはすなわち、アトピー性皮膚炎の治療はあと5年ほどで概ね克服できてしまう時代が近づいていることを意味しているとも言えます。

僕としては、発症機序でやり残した課題がいくつかあるのでそれは続けるとして、違う標的を見つける必要があると思っています。
なぜなら皮膚科領域にはいい治療がない疾患がまだ他にたくさんあるからです。

2018年5月13日 (日)

入局説明会

今日は皮膚科の入局説明会を執り行いました。
なかなか僕自身が出席できることが少ないのですが、今日は、岡山から朝大学に戻って仕事をしていましたので、うまい具合に参加することができました。

6+a名の方が参加してくれました。
若い人達と話をしていると、なぜかこちらまで気持ちが若くなっていく気がします。

多くの人が他の科と悩んでいるようでしたが、それはそれでいいと思います。
皮膚科の良いところは、皮膚におこる出来事の全てを最初から最後まで責任をもって診療することができることだと思います。しかも、病変を目で見ることができます。多くの疾患は目で見ることはなかなかできません。
日々刻々と変化する病気を自分の目で検証していけることは、そこから自分の疾患への理解も深まりますし、また、新しい仮説も立てやすいと思います。
他の科に比べて皮膚科が研究にもむいているのはそこに理由があると思っています。

あおいくま

先日の青山先生の教授就任祝賀会で、藤本亘前教授が、コロッケさんの「あおいくま」のお話をされていました。
ファインステージという株式会社がつくったサイトまであるんですね。

20180513_155025

僕も気をつけよう。

岡山地方会 青山先生教授ご就任祝賀会

Th_img_5310

Th_img_5317
地方会のレベルはとても高かったです。
岩月先生の臨床力はさすがでした。いい刺激を受けました。

Th_img_5321
川崎医大のスタッフを囲んで。
楽しい会でした。いい教室を築かれてくださいませ!

ワーク・ライフハーモニー

AmazonのJeff Bezos'の言葉から。ワークライフバランスでなく、work-life harmony、という方が僕も腑に落ちます。

Instead of viewing work and life as a balancing act, Bezos said that it's more productive to view them as two integrated parts.

"It actually is a circle. It's not a balance," Bezos said.

Bezos said that the relationship between his work life and personal life is reciprocal, and that he doesn't compartmentalize them into two competing time constraints.

その通りですね。ちなみに僕は、家族サービス、という言葉もあまり好きではないです。


2018年5月12日 (土)

十五の夏 下 佐藤優

この本、とてもおもしろい。できるだけ若いうちによむべき。
高校一年でこのような旅行を決行したのは本人自身はもちろん、彼を取り巻く家庭などの環境などすべてが普通ではないです。
さすがは高校生だけあって、あまり冒険はしていませんが、それでもこれだけ最高の旅ができたのは素晴らしい。
大学生はもっと世界に揉まれる経験をするべき。そして、科学者も同じ。
そう言う事を感じながらようやく下巻に入りました。

ちなみに僕がいままでお会いした人の中でも、佐藤さんは最もオーラが漂っている人の一人です。眼光も鋭すぎるし、、、。

そういう意味では、モフタル・リアデイ氏の私の履歴書も最高に面白いですね。世界を若い間にいかにしるべきか。そして、知るためにはある程度のリスクを背負いながら、そのsocietyに突っ込んでいかないといけないと思います。

2018年5月10日 (木)

サッカー日本代表の行方

この記事、良くかけているなあ、と思ったら、海外のレポーターの飜訳でした。
なんやかんやいって、結局ワールドカップはやはり全部見ると思います。

2018年5月 8日 (火)

シンガポール

今回は約2日の滞在でシンガポールです。こちらでも研究を始めてからもう少しで3年がたちます。中溝君がしっかりささえてくれているので多くの実りあるコラボレーションや、独自の研究も予想以上に順調に進んでいるように感じます。
3年契約でしたが、無事に延長もきまり、2021年の夏までは少なくとも研究を続けることができることになり、嬉しく思っています。
一方で、少し残念でもあるのは、シンガポールの3年間の進歩にくらべて日本の停滞を感じる事でしょうか。お互いの長所短所があるのでそれらとうまくつきあっていくことが大切ですね。
Img_5279

昨晩は中華にいきました。
シンガポールは、中華、インド、タイ、マレーなど多国のうまい料理と巡り会えます。
日本の多国籍料理はどうにも日本人風の味付けにしすぎているところが多くて残念です。
京都でもしかり。本物のお店を探すのに苦労してきました。

2018年5月 7日 (月)

日本の科学技術 「競争力低下」8割 若手研究者調査 ニッポンの革新力

日経のこの記事を受けて、久しぶりに柳田先生がコメントされています。
救いなのは、このままではまずい、という意識をそれなりにもてていることでしょうか。
でもいま大きな損失が続いている中で、ほぼ無策に等しいのは後々ずしりと響いてくるはずで、それを多くの人がわかっていながらどうすることもできない。

繰り返しになりますが、そんな中僕にできることは、自身の研究室をできるだけ良い環境にすることくらいです。そして、柳田先生が述べられているように、ダメなときは自分でけじめをつける覚悟くらいは必要です。
なんのために研究をしているのか、それが見えてこない人が増えてきているように思います。
教室主催者としての悩みは、できるだけ多くの人に研究の機会を与えることか、それとも本当に素質があると思える人にのみチャンスを与えてそこに多くのエフォートを注ぐか。。。僕は前者を取ってきましたが、獲得できている研究費が減れば必然的に後者を選択しなければならなくなります。そういう時代もいずれ来る可能性が高いです。

2018年5月 5日 (土)

イチローの行方

New York Timesでも取り上げられています。

Nobody plays forever. Even the majors’ career hits leader, Pete Rose, struck out in his final at-bat, at age 45, against San Diego’s Goose Gossage in 1986. Suzuki’s last at-bat this season was a strikeout against Oakland’s Blake Treinen on Wednesday.

スポーツ選手の現役の寿命は短いです。
ゴルフ選手くらいでしょうか。僕の年でも現役でがんばれるのは。

2018年5月 4日 (金)

イチローの去就

今朝ニュースを見たら、イチローが球団の特別アドバイザーに就任し、基本的には試合にでないとのこと。
イチローへの敬意を払いながらの引退勧告ということで、これはもう仕方ないのかな、と寂しく思いました。
本人が選手として活躍したいのであれば日本に戻ってきて欲しかったですが、彼のいたい場所はNPBでなくMLBなのかな、と理解しました。
この一年でさらに調子は下がるだろうから、NPBで来年プレーすることも現実的には厳しいかも知れません。

全てが普通で無い選手でしたので、これからどういう風に野球と関わっていくのかまだまだとても興味があります。

2018年5月 3日 (木)

Leiden大学にて

あと、もう一つ幸せな時間だったのは、Leiden大学の皮膚科のVermer教授ご家族と一緒に食事したことです。こういう招待を受けるのは本当にありがたいことです。

研究をやってなかったら、こういう機会は絶対に訪れなかったと思います。
お子さんは13歳と15歳なのですが、英語が母国語では無いにもかかわらず英語で自分の意見をしっかり伝えていました。小さい頃から育ってきた環境が全く違うので、こういうギャップを埋めていこうとしても、そう簡単ではないことを痛感します。
Th_img_5176
息子さんは190cmくらいでした。娘さんが168cmしかないことで、もっと牛乳を飲みなさい、と家族のみんなからいじられてましたが、オランダにはほんと、背が高い人が多い。
娘さんに言わせると、この数十年で平均身長が急に伸びたので、geneticなものではなく、exogenousなものが原因と思う、とのことでした。中学1−2年の女の子が平気でそう言う事を言ってくるのでびっくりします。

GW2

ひたすら仕事しています。こんなこと自慢にも何にもならなくて、仕事が遅い、そして仕事を引き受けすぎている、他の人にもっとまかせるべきなのに任せられていない、そういう積み重ねに過ぎません。単に自分の無能さをさらけだしているだけで情けない気持ちになります。

とはいえ、後輩の論文の校正だったり、自分が頼まれたreview articleの執筆だったり、そういうのって、どうしても自分でやらないと仕方ないですよね。

少しは仕事以外の話をしたいなあ、と思って、そういえば、先日後輩をお食事に誘いました。
楽しい時間でした。

Th_img_5206

2018年4月30日 (月)

異端の人間学 五木寛之 佐藤優

最近は、夜、ベッドに入るとすぐに寝てしまうので読書が進んでません。ただ、この本は、一気に読めてしまいました。
ロシア通の二人の対談ですが、ロシア人の内面世界をかたるのみならず、ロシアの枠をはるかに超えた内容に拡大しています。
のっけから「人間は一生のうちに逢うべき人に必ず会える。しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎないときに」という森信三の言葉から始まります。これってその通りだと思います。
そしてウクライナ問題とかカヤカベ教などの宗教の話に進みます。スノーデン事件の話などが出るのですが、中西輝政氏の発言ともかさなりますが、日本の情報戦のもろさというかデータ主義の貧しさがずっと気になってしまいます。
そんな中、Black Mirrorという近未来をドラマ化したものをみたりしましたが、さらにその思いは強くなりました。

一方で、アウシュビッツの話題も出てきますが、「ユーモアと情感、そしてセンチメンタリズム、この3つの持ち主が生き残った」という部分に凄く納得しました。

とまあ、なんとかこれからの時代を生き延びていかなければなりません。


2018年4月28日 (土)

GW

世間は、日本臨床皮膚科学会や、UTMF(富士山の周りをはしるトレランの大会)で盛り上がっていますが、諸々の事情もあったりして、大学で毎日仕事をせざるを得ない状況です。
ただ、朝は東山を走ってくるコースで大学まで来ました。
1時間ちょっとの運動ですが、気持ちよいです。

Th_img_5207
東山は僕の庭になりつつあります。
Th_img_5214
いつもここで顔を洗ったりして、体を冷やします。
Th_img_5218
真如堂経由で大学に行きましたが、桜のシーズンが終わってとてもひっそりしていました。心が静まります。
ゆえ、観光シーズンの京都は好きになれません。

2018年4月27日 (金)

口腔粘膜病変アトラス 日野治子著

写真が多くて、リファレンスとして凄く役に立つと思います。
体の皮疹はみても、口腔内をのぞくことを忘れがちですので、自分を戒める意味でもいい刺激を受けました。

臨床研究

日本医事新報を読んでいたら、たまたま国立がん研究センター中央病院の西田院長のインタビュー記事が目にとまりました。
がんゲノム医療が進んでいるのは、アメリカ、イギリス、フランス、とありました。

僕もイギリス、フランスの健闘を感じていましたので、がんにかぎらず臨床研究全般に言えることかと思います。

あと、ヨーロッパは国を超えて共同研究が盛んに行われています。一方、日本は国内共同研究もそれほど積極的に行われているとは言いがたく、なんか取り残されている感があります。

フランス、イギリスは日本と国力もそれほど変わらない訳で、日本がやってやれないはずはない。問題なのは、やはりインフラの整備とか、医者の気合などではないかと感じずにはおれません。

2018年4月26日 (木)

日本リウマチ学会

順天堂大の田村先生、聖路加病院の岸本先生にお招きいただき、日本リウマチ学会に参加してきました。
疾患対象としては、かなり限定されているにも関わらず、約4日に亘ってプログラムがびっしりつまっていて驚かされます。
そういう意味では、皮膚科って対象疾患が多いので、一つ一つの疾患に対して注力できるエネルギーがかなりうすまってしまいがちかも、と反省しました。

もうひとつ、海外の演者を多く招待し、英語のセッションがおおかったことにも感銘を受けました。
皮膚科は日本皮膚科学会総会と研究皮膚科学会総会が僕の中での柱の会になるのですが、前者はほぼ100%日本語、そして後者が完全に英語、という感じで真っ二つに分かれてしまっています。前者においてはこれから英語のセッションを増やす試みがなされていきますのでもう少し国際的な色が出てくることかと思います。

日本皮膚科学会総会のプログラムはこれまで3日だったものを4日に拡張する計画が進んでいます。一部では、地方大学ではそんな長い期間に参加することはできず、地方を無視している、というような声が聞こえてきますが、それはむしろ逆で、4日のうち、2日でも出てもらえればしっかり勉強になるような内容と、ある程度参加者層に応じて日々のプログラムの内容を変えています。従って、より多くの人が参加できるための改革を目指していることを理解していただきたいと思っています。

本当はリウマチ学会の知り合いのメンバーと少し親睦を深めたりしようかとも思っていましたが、パソコンの不調で仕事がはかどらなかったりして仕事も溜まって悶々としていましたので、とんぼ返りで大学に戻って仕事しています。

朝五時起きで東京に向かいましたので、今日はとりあえず日が変わらないうちには家に帰ろうと思います。最近時差ボケでほとんど寝られてないし。。。。

2018年4月24日 (火)

日本の北欧化

presidentの記事ですが、興味深かったです。
海外に行くと、いろいろな国の文化や政策の違いを感じることができます。
日本は日本独自のものを追求すべきと言うのは根本にありますが、他の国から学べるところも多々あるわけで、そういう意味で、日本の改革のスピードはとても遅い。
この記事を書いた土田さんはもう手遅れ、とのことですが、北欧化は手遅れでも、それでも我々、そしてそれ以降の世代は生き残っていかないといけない訳ですから。

相変わらずパソコンの調子が悪く、メールの返事が遅れています。仕事が溜まるばかり。。。

2018年4月21日 (土)

業務連絡

メールの返信が遅れていますが、この2日ほどできちんと御返事します。
ご心配をお掛けして申し訳ございません。

【蹴られる東大④】ハーバードで2年間 気付いた「自分、東大、ハーバードの強み」

この記事、なかなか面白かったです。
医者も、40年近く多くの人が職業として働く訳なので、何が自分の強みなのかをじっくり考えて、そして自分で試してみてから、自分が何を本当にやりたいのかを見極めるといいように思います。
そのためには、いろいろなことに前向きにチャレンジしていくことも必要です。

2018年4月18日 (水)

投げられるマイク

「IMG_4760.mov」をダウンロード

ということで、便利なマイクでした。

混雑した学会場でもこれなら時間のロスがすくないです。

2018年4月16日 (月)

フランス

JEMの学会でImagine Instituteへ。
学会では、内容がかなり難しくて、followできない話も多くあり、勉強不足を痛感しました。
ブログとかやってないで、もっと自分の時間を勉強につぎ込まないと行けないです。今年の目標はできるだけ本物志向でいく、というものでしたが、そのためには、自身の見識をもっと広めること、それと本質的な問題を自身のなかで定めることが欠かせない。
Th_img_4806

長田重一先生とずっとご一緒させていただきました。
若い人が元気がない、、、といつもの如く嘆かれてしまいましたが、たしかに長田先生ほど自身の研究の話を楽しそうに熱く語れる若手はほとんど見ないです。
このままではダメなのはよくわかるのですが、どうすればいいのか、というのは、もはや方法論ではないですね。うちから沸きでてくるエネルギーが自身の中にあるかだけの問題です。

Th_img_4815


日本からの留学生にもお会いできました。二人とも頑張っているようです。
Casanovaラボはうわさ以上に過ごそうなところでした。
Th_img_4836

Alain Hovnanian先生とは共同研究の打ち合わせ。
お昼からワインを飲むところがやはりフランスでした。

Th_img_4968

しかしながら、このあおりをうけて、一つ、打ち合わせがキャンセルになりました(skype meetingへ変更)。
おかげで半日時間が空いてしまったのでジョギングしていたら、呼吸器外科の伊達先生と「超」偶然に出会いました。
Th_img_4921

伊達先生は、明日、セミナーをしないといけないとのことで、もう一泊パリに宿泊とのことです。改めて縁を感じました。

2018年4月15日 (日)

大教室でうしろの席に座る学生たち

この記事当たっていると思います。

20180414_214811

僕は大学時代、座るとしたら一番前でした。
面白くなかったら、帰ってたのかなあ?あまり記憶にないです。
大体どの授業も講師の個性が出ていて楽しんでいたように思います。

今も大体学会では前の方に座ります。その方が演者のエネルギーを直に感じる事ができるので。

2018年4月13日 (金)

ISAD 208

アトピー性皮膚炎の国際学会に参加するためにオランダのユトレヒトに来ています。
二年に一回開催されるのですが、この10年間、一回欠席しただけでそれ以外はずっと参加していると思います。
近年アトピー性皮膚炎の創薬が盛んになっていることを受けてだと思いますが、ここ数年でこの学会も飛躍的に拡大しました。

一方で、長い間こつこつとアトピー性皮膚炎の診断や治療などについて真剣に取り組んできた方達が少し追いやられているような感じすらします。それは残念なことです。

ユトレヒトには初めてきましたが、落ち着いた趣のあるとてもすてきな街です。
以前からオランダ好きを公表していますが、今回もその期待を全く裏切らない居心地の良さを感じています。

Img_4749

一番関心したのは、これです。
Img_4777
さて、なんでしょう?

2018年4月10日 (火)

致知

致知という雑誌があるようで、ためしに年間購読してみました。
悪くない感じです。

日経とか、好きに本をよんでいますが、少し違った角度からの情報を知りたいと思っていました。
大学生の頃は時間が有り余っていて読書とか映画とか旅行に明け暮れることができましたが働き始めてからの15年はひたすら仕事ばかりしていて好きな読書も映画もほとんどストップしていました。それはそれで良かったと思っていますが、40も半ばを過ぎて、人生の終わりを考えたり、あるいは、医局員の幸せとかを考えるようになると、研究や臨床以外の時間を自身がしっかり確保する必要があると感じています。

2018年4月 9日 (月)

大文字トレラン

京都は山に囲まれていますので、ちょっと走ればすぐに山にぶつかります。まるで研究のようです。

ということで、昨日は仕事の帰りに大文字から夕日が沈むのを見ようと思って走ってきました。6時半少し前に大文字に到着しましたが、反対側から軽快に走ってくる人がいて、大槻君でした。

Th_img_4659

天気もよくて最高でした。ただ、ちょっと寒かったですね。。。
Th_img_4660

3週間後のUTMF、がんばってください。僕はUTMFの抽選は外れましたので、お留守番です。

Th_img_4666

7時ごろには山の中はまっくらなので、ヘッドランプをつかって山を走りました。ただ、結構道が悪いので走りにくい。途中、誰にも会わず、ただ、一度なんかの動物ががさがさしたときはびびりました。

Th_img_4667

約10km。大学を出てから自宅まで1時間ちょっとなので、本当にいい運動になります。
山の中で途中飛び出しているのは、少し道に迷ったため。このまま行ったら山科に行く事になるので、ロスとしていることに早めに気付いて良かったです。

そして今日はこれ。

20180409_184439

このフィーバー、いつまで続くのか。

2018年4月 8日 (日)

その知識、本当に正しいですか? by KaoRi.

重い記事でした。
一般に写真集を見るとき、こういうことを意識してませんでした。
そして、これって、大学でも同じようなことがあります。自身が意識していなくても加害者となっている可能性があります。
僕自身も反省しなければならないところがあります。

併せてこの記事も。

僕は写真集は昔から結構好きで最近だと梅佳世さんとか良く購入しています。ただ、取られた人の許可とか一々取ってないですよね。肖像権がある人とない人がある、というのも変ですね。

いずれにせよ、KaoRi.さんの件は、看過できない問題だと思います。

そして、ふと思い出しましたが、荒木さんが尊敬する岡本太郎さん。彼の「沖縄文化論」は僕の中では沖縄を知る上でとても良かったのですが、彼と久高島の関係は、真相はわかりませんが、微妙(グソー事件)。

https://blog.goo.ne.jp/katsukatsu123/e/ccbdad6dc294d66b3b424b44eef60d13

http://buraoki.hatenablog.jp/entry/2015/07/01/225131

写真家に限らず、芸術家(研究者も)って、そういう傾向があるような気がします。だからといって許されるわけではないのですが。

2018年4月 7日 (土)

イシューからはじめよ 安宅和人著

この手の書籍は世の中にたくさんあり、それにもう、マッキンゼーの関係者が似たような本を出版しまくっている現状にはもううんざりしています。
ただ、まあ、この本は研究者には悪くない本です。
おそらく研究者が、自身がfirst authorとして世に出せるfull articleは、人生でも数編と思います。
となると、そのテーマ選び、そしてそれをどのように論文まで持ち込むかはそれなりのstrategyがあるべき。
この作者はマッキンゼー出身でありながら生物学者でもあり、また、著作の中でも利根川氏やファインマンさんなどの科学者の言葉を適宜引用しています。

それが僕には結構響きます。もちろん研究は、こういうstrategyによって達成されるわけではない事はよくわかっています。ただ、日本人全般に言えることですが、多大なる努力をうまく結果に結びつけることができない人が多いので、こういう本を読んで意識を変えることはそれなりに大切なのではないかと時に思います。

ちょうど今、4月から研究室に入ってきた若者達がいるので、彼らにどのようなテーマで進めていこうかと考えていたのでこの本をふと思い出しました。

話は変わりますが、エンジェルスの大谷選手が活躍しています。まだシーズン始まったばかりでこんなことを言うのはなんですが、エンジェルスで、しかも、ソーシア監督というのがよかったのではないかと。

2018年4月 6日 (金)

異見交論43 国立大への税金投下に「正当性なし」冨山和彦氏

こういう意見も知っておく方がいいかな、と思ってlinkをはりました。
たしかに正論。
シンガポールとか欧州の教育システムにおいても、同様の考えを感じます。
でも、一部のコメントには違和感ありますね。。。

お花見の会@永田先生のご自宅にて

大変幸せな時間を過ごせました。

Img_4494

夜桜きれいでした。
お花見の会のメンバーは、個性派ぞろいで、そういう方々に囲まれて幸せです。
Th_img_4483
永田和宏先生・吉森保先生と。

こういういいことがあると、嫌なことが多少あっても頑張って乗り越えていける気がします。

京都産業大 川根公樹先生のセミナー

めちゃくちゃ面白かったです。
サイエンスへの真摯な姿勢など、学ぶことが大変多かったです。
JSTのさきがけというプロジェクトでずっとご一緒させて頂きましたが、そういう素晴らしい仲間と出会えて良かった。

20180406_72929

iPS研究 米は動き速く 米スタンフォード大教授 中内啓光氏

中内さんの記事

二つ納得。一つ目は、「日本の研究者は雑務が多く研究に集中しづらいと感じる。大学院の門戸を広げすぎ、本来入るべきではない人まで受け入れて教員の負担が増え成果は減っている。」

>後半の点については賛否両論あると思います。臨床医の立場からすると、良き臨床医を育てるには、研究に打ち込む時間がある程度はある方がいい、と僕は個人的に思っています。ですので、ケースバイケースなのだと思います。

二つ目は、「次に何が起きるかわからないのが科学だ。日本が重視するような国のロードマップはなじまない。科学者をよく理解しない行政官が科学政策を決めるのは無理がある。」

先日、某研究費の報告会で、僕らの研究がロードマップの進行よりも遅れていることで行政官に随分叩かれました(というか脅されました)。まったくなじまないです。研究者は行政官を喜ばせるために研究をしているわけではない。

高田明さん

日経の「私の履歴書」の高田明さんのお話、とてもおもしろいです。
ジャパネットタカタって、どうやってここまできたんだろう、と昔から時々思っていたので、その興味もあって、楽しく読んでいます。

大学を卒業して、2年半で会社をやめ、そして飜訳の手伝いのような仕事も辞めて、地元に帰って写真館の手伝いからの変化(へんげ)はもの凄い。
たしか僕が子供の頃は、フィルムを現像の時代だったけど、それがどんどんスピード化して、そして価格もやすくなり、ビデオができて、そしていまはデジカメ、というかsmart phoneです。

こういう時代の変化の中で、強烈なスピード感で世の中の流れを読み取って実際の行動に移して行った人だと言うことが、6日目にして十分伝わってきます。

臨床や研究にも、ある意味当てはまります。

さて、このあと24日間でどんなことをつたえてくれるのだろう。今月いっぱい目が離せません。

もう一つ、ちょっと関心があるのは、西部邁さんの自殺幇助の件。この二人をどういう罪に処するのだろう。日本の死生観や、これからの高齢化を日本の社会がどう考えるのか。。

2018年4月 4日 (水)

日本生体防御学会学術総会

29

いつもお世話になっている杉田先生が会頭です。
プログラム、かなり魅力的ですね!

KK derma Expert Derma

Latest Paper SELECTIONでは、
インパクトファクターの高い皮膚科領域の
ジャーナルから直近の基礎から臨床まで注目度の
高い論文を厳選し、和文に要約して掲載します。

ここには僕も長らく監修させてもらっています。
自画自賛ですが、いい論文をできるだけ選んでいるつもりです。

是非、お立ち寄り下さいませ。

20180404_190018

教室の集合写真

ラボのメンバーと臨床のメンバーとで合同写真を撮りました。
みんないいキャラクターで、彼らと共に成長していく事が僕の人生の一番の楽しみです。
良い一年をみんなで送りたい。

Th_unknown1

2018年4月 2日 (月)

十五の夏 佐藤優氏

早速読み始めました。
僕が海外旅行を始めたのは二十の夏。
それまでは興味があったけど、部活に明け暮れたり、せっかくの夏休みを車の免許の取得など、そんなことに使ってしまっていました。

佐藤優氏とは一度お話したことがありますが、もの凄いオーラを放たれていて、とても叶わないとすぐに悟りました。
十五と二十の違いは三分の四、というだけの次元ではなく、その後、指数関数的にその差は拡大していくのではないかと思います。
その彼の十五の世界にこれから浸る予定です。

日本の管理職給料は「中国よりずっと下」

プレジデントの記事から。

僕がアジアへ出張して肌で感じたこと、そのままです。

一方、エンゼルスの大谷、マリナーズのイチロー、ともにいいスタートを切れていて素直に凄く嬉しい。

2018年4月 1日 (日)

週末

読みたかったのに読めてなかった論文を読んだり、最近参加した学会で調べておきたかったことなどを整理しています。

こういう時間が月にせめて数日はないと頭がだんだんダメになっていきます。

お花見

ラボメンバーでお花見へ。
今年はベストタイミングで鴨川でみんなとランチできました。
こういうひとときもいいです。

Th_zcjs6813edit2

保守の真髄 西部邁

西部氏の渾身の一作。経済などの一部の話は僕はあまり興味がないのですが、日本人論、日本文化論、教育論など、西部氏ならではの幅広く、また鋭い視点に圧倒されました。
このような方が亡くなられてしまったのは大変惜しい気がしますが、自裁死(ある意味の尊厳死に近いかと思います)を遂げられた彼の魂がここに込められています。

2018年3月29日 (木)

「THE世界大学ランキング日本版」で京大と東大が同率トップ、「国際性」が順位変動に影響

参考まで
大学が世界を相手に戦っている事を考えると、国内の順位ってあまりたいした問題ではない気もします。
それに、ランキング指標を少し今回は変えた様ですが、それによって順位も変わるわけで、そんなもんなんだと思います。教育充実度スコアは軒並み99点前後、っていうのも変ですしね。

名古屋大と岐阜大が連携するように、日本の大学はもっと連携して世界と戦える場を提供していかないと日本全体が沈没します。
小松左京の懐かしい本をちょっと思い出しました。

2018年3月28日 (水)

桜咲く

Th_img_4467

通勤路の一枚。
数年前まではこの一帯(平安神宮前)は森だったのですが、すっかりこぎれいな公園にされてしまい、この木だけが寂しく残されました。
そして、以前ほど咲き乱れることも無くなりました。
(この写真よりはこれからもう少し咲きますけど)

Th_img_4468

これも通勤路からの一枚。
Th_img_4471

京都を歩いていて、本当に海外からの観光客が増えたことに驚きます。

そして、海外で、京都在住というと、大抵の人は京都のことを知っていて、うらやましがられます。自分を褒めてもらったかの如く嬉しく感じます。

2018年3月27日 (火)

オスカー受賞の辻一弘「自分に正直に」

日経の記事より。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
若い人に対しては「自分の心に正直に、やりたいことを見きわめるのが大事。自分の心につながるものは自分にしかわからない。そして自分を信じて、10年続けること。自分を信じないのは、日本人の悪いくせだ」と語った。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

そうですね。5年やると、ある程度わかってきて、10年やれば、見える世界が広がっていると思います。僕は大学生の時に皮膚免疫・アレルギーを始めてからいまで25年。
よくもまあ、しぶとくやっていると思いますが、まだ面白いことが尽きません。
ラッキーです。

2018年3月26日 (月)

シンガポール出張

この国は小ささ故に、物事が素早く決まっていくところがすがすがしいです。
すごくpragmaticなところが僕の感性と凄く合います。研究においても、あまり理不尽なところがなく、英語が公用語である故、欧米からもいいサイエンティストが集まってきます。
これからはアジアの時代が来ますが、英語が公用語というのは大きい。シンガポールはその基点たりうる国であることは間違い無く、そこに日本が踏みとどまれていないのがつくづく残念。

Th_img_4284

日本からは東京医科歯科大の西村先生、慶応の久保先生もinvite speakerでした。お二人とも大変素晴らしい発表だったので、日本人として嬉しいです。

Th_img_4286

久留米大の夏秋君をラボに案内。日本では絶対あり得ない素晴らしい環境なので、驚いてくれてました。

Th_img_4292

Florent LabのChrisがIndian nightを企画してくれました。
Gillianは4月から京大のbusiness schoolに入学することが決まっていて、シンガポールと京大の関係がより親密になってきています。

Th_img_4310

Invited Speakers dinnerで大好きなDavid Lane先生と。p53の発見者として有名ですが、僕の中では、visionの大きさにいつも刺激を頂いています。

Th_img_4313

Social gatheringの一コマ。
Th_img_4318

シンガポールの夜景。
大阪以上、東京未満、という感じですが、屋上のバー、日本ではなかなか味わえない開放感があります。
Th_img_4337

次の日は早起きして、みんなでジョギングしました。
マーライオンでは、やはり、夏秋氏、何かやってくれます。
Th_img_4340

朝、6:45集合でしたが、僕以外、みんな遅刻してきました。
別に怒っているわけではありません。
Th_img_4343
そのあと、渋谷君の発表。
英語の発表が上手で少しびっくりしました。僕が大学院生のときよりもうまいかも。
Th_img_4365

夜は坂部邸でバーベキューパーティ。
坂部君、準備大変だったと思います。本当にありがとう!

«パスワード「頻繁に変更はNG」 総務省が方針転換

アマゾン

かばの本棚

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31